小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

カブトムシは幼虫より成虫のほうがうまい!?昆虫食ショップ店主が薦めるおいしい昆虫5選

2018.01.12

「昆虫食」と聞いて多くの人が思い浮かべるのは、イナゴ、蜂の子、ザザムシといった、一部地域で古くから食されてきた珍味ではないだろうか。

実は最近になって、昆虫食にもニューウェーブと呼ぶべきトレンドが先進各国で始まっている。そして、ここ日本でもレストランで昆虫食のメニューを出したり、昆虫食のイベントが開催されるようになっている。供される昆虫は、イナゴの佃煮といった伝統的なものに限らない。むしろ、「え、こんなものまで!」とびっくりの昆虫までレシピにされているが、こうしたサプライズ要素の大きいものが、人気を得ているという。そう、イマドキの昆虫食は、エンタメ色が大きいのである。

今回は、昆虫食の通販ショップ『TAKEO』店長の齋藤健生氏に、エンタメ性抜群な「食べる昆虫」を5つチョイスしてもらった。

(注意:昆虫は、エビ・カニといった甲殻類に近い生き物であり、甲殻類アレルギーの方は残念ながら食べられない。)

●カブトムシ(パック入り 税込1,280円)

テレビで、東南アジアの山地に住んでいる人が、カブトムシの幼虫を食べているのを見たことがあるかもしれない。ところが、本当においしいのは成虫のほうだという。TAKEOのカブトムシは、十分に加熱・乾燥させた後、塩で味付けしており、そのまま食べられる。

●タガメ(パック入り 税込1,380円)

日本の昆虫ファンに大人気のタガメ。東南アジアでは高級食材だそうで、粉末にしてスープのダシにしたり、ドレッシングに加えたりと調味料としても活用されている。こちらの食用タガメは、高温で加熱処理してから乾燥させ、塩で味付けしたもの。スナック感覚で、そのまま食べられる。

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。