小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

東京とんかつ会議が選んだベスト・オブ・とんかつ店

2018.01.04

とんかつ店のベスト・オブ・ベストは?

 書籍『東京とんかつ会議』では、殿堂入りとして12店を挙げているが、さらに絞って3店をピックアップするなら、『ぽん多本家』、『特選とんかつ すぎ田』、『西口とんかつ たつみ亭』になる。

『ぽん多本家』

最上質のロース肉の脂を取り除く手間をかけ、パサつかず、しっとりとして香りがある、極上のとんかつを提供している。ご飯、キャベツ、味噌汁なども一切の妥協を排し、目配りが行き届いている。全てにおいて質が高いだけに、値段は2700円とそれなりの額になるが、それに見合ったグルメ体験を堪能できること請け合い。


『ぽん多本家』のとんかつ(写真提供:ぴあ、『とんかつ会議』より)

『特選とんかつ すぎ田』

とんかつの聖地のひとつ、浅草にある店でも最高峰に位置づけられるのが、このお店。細い幅で均等に切られた肉は、どれをとっても赤身と脂身の比率が一定という、とんかつの黄金比を実現しているのが肝。ラードのコクをまとった衣と肉を食べる、とんかつならではの幸福を噛みしめることができる。


『特選とんかつ すぎ田』のとんかつ(写真提供:ぴあ、『とんかつ会議』より)

『西口とんかつ たつみ亭』

店舗の風貌は、「街の普通のとんかつ屋さん」。しかし、供されるとんかつは、店の第一印象とはギャップのある素晴らしさ。レア気味に揚げたSPF豚が、旨味をしっかりと引き出し、衣は肉にぴったりと寄り添い、口当たりまろやか。店主が米どころ新潟出身というだけあって、ご飯のおいしさも特筆もの。脇役のポテトサラダやお新香も抜かりない。


『西口とんかつ たつみ亭』のとんかつ(写真提供:ぴあ、『とんかつ会議』より)

 庶民のB級グルメのイメージが強いとんかつだが、こうしてみると実は結構奥が深い世界なのである。これを機会に、あなただけの名店を探してみてはいかがだろう?

協力
山本益博:料理評論家。1948年、東京都生まれ。レストランの催事、食品の商品開発も数多く手掛けるほか、飲食系の著書も多数。2001年フランス政府より農事功労勲章シュヴァリエ、2014年には農事功労章オフィシエを受勲。

マッキー牧元:タベアルキスト。1955年、東京都生まれ。「味の手帖」編集顧問を務める傍ら、立ち食いそばからフレンチ、居酒屋、スイーツまで、様々なグルメを食べ歩く。近著に『東京最高のレストラン2017』(共著、ぴあ)など。

河田剛:グルメアナリスト。1964年、秋田県生まれ。味や素材はもちろん、調理の背景や流通に至るまで多岐にわたる視点で、料理への鋭い洞察を見せる。邦画を中心とした映画にも造詣が深い。

文/鈴木拓也
老舗翻訳会社の役員をスピンオフして、フリーライター兼ボードゲーム制作者に。英語圏のトレンドやプロダクトを紹介するのが得意。

※記事内のデータ等については取材時のものです。

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。