人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.03

自分をほめる癖をつけるべし!ダイエットはゆるゆるぐらいがちょうどいい理由

真面目な人ほど、ダイエットを始めると、とかくストイックになりがち。なので、ちょっとルールを破ってスイーツを食べてしまったりしたときに、自己嫌悪に陥って、結局ダイエットに失敗するパターンが多い。

自分に厳しくするよりも、できていることを認め、自分をほめる癖をつけた方が、ダイエットに成功すると説くのが、ダイエット美容家として知られる本島彩帆里氏。本島氏によれば、ダイエットは「ゆるゆるぐらいがちょうどよい」という。

本島氏の近著『やせる ♯ほめぐせ - がんばれない私を180度変える!』(ワニブックス)では、「ゆるゆる」とは具体的にどんなものか、様々な例が挙げられている。今回は、その中から幾つかをピックアップして紹介しよう。

●仕事帰りに、つい「ごほうびアイス」を買ってしまう

仕事がきつかった日は、帰り道のコンビニで「ごほうびアイス」。それはいいとして、仕事が大変な日が続くと、毎日アイスを食べることに…

かといって完全にアイス断ちをすると、帰宅後に反動でドカ食いする可能性大。こういう場合は、無糖ヨーグルトに凍らせたフルーツを混ぜたデザートを食べるなど、食味は似ていてよりヘルシーなものと入れ替えるとよい。

●先輩からスイーツの詰め合わせをもらった

「せっかくもらったのだから」と、罪悪感を持ちつつ食べるのはNG。かといって、「ダイエット中なので…」と断るのも気がひけてしまう。

こんなときは、友人や家族など、スイーツ好きにあげる(けして失礼なことではない)。あるいは、自分で食べ、次回の食事の量を減らすなどしてリカバリーするのがベスト。

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。