みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >コラム
  3. >自分をほめる癖をつけるべし!ダイエ…

自分をほめる癖をつけるべし!ダイエットはゆるゆるぐらいがちょうどいい理由(2018.01.03)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

真面目な人ほど、ダイエットを始めると、とかくストイックになりがち。なので、ちょっとルールを破ってスイーツを食べてしまったりしたときに、自己嫌悪に陥って、結局ダイエットに失敗するパターンが多い。

自分に厳しくするよりも、できていることを認め、自分をほめる癖をつけた方が、ダイエットに成功すると説くのが、ダイエット美容家として知られる本島彩帆里氏。本島氏によれば、ダイエットは「ゆるゆるぐらいがちょうどよい」という。

本島氏の近著『やせる ♯ほめぐせ - がんばれない私を180度変える!』(ワニブックス)では、「ゆるゆる」とは具体的にどんなものか、様々な例が挙げられている。今回は、その中から幾つかをピックアップして紹介しよう。

●仕事帰りに、つい「ごほうびアイス」を買ってしまう

仕事がきつかった日は、帰り道のコンビニで「ごほうびアイス」。それはいいとして、仕事が大変な日が続くと、毎日アイスを食べることに…

かといって完全にアイス断ちをすると、帰宅後に反動でドカ食いする可能性大。こういう場合は、無糖ヨーグルトに凍らせたフルーツを混ぜたデザートを食べるなど、食味は似ていてよりヘルシーなものと入れ替えるとよい。

●先輩からスイーツの詰め合わせをもらった

「せっかくもらったのだから」と、罪悪感を持ちつつ食べるのはNG。かといって、「ダイエット中なので…」と断るのも気がひけてしまう。

こんなときは、友人や家族など、スイーツ好きにあげる(けして失礼なことではない)。あるいは、自分で食べ、次回の食事の量を減らすなどしてリカバリーするのがベスト。

 

1 2 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。