小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

究極のミニマルデザインを纏ったライカのミラーレスカメラ『TL2』の実力検証

2017.12.31

■連載/ゴン川野の阿佐ヶ谷レンズ研究所

■Introduction

ライカジャパンはAPS-Cサイズのミラーレスカメラ『LEICA TL2』(27万円税込)を発表した。アルミ削り出しのボディーは『LEICA T』からで、その後『LEICA TL』に進化して、今回さらに『LEICA TL2』になった。TL2は内蔵フラッシュが省略されたり、メインスイッチのON/OFF表示がなくなったりして、究極のミニマルデザイン化が進められている。

■Spec

インターフェイスは動画記録ボタンがFnボタンに変更されカスタマイズに対応。USB3.0に対応したType-C端子を採用、microHDMI端子も搭載。USB充電に対応した。カスタマイズ可能なメニュー項目は関連機能ごとに分かりやすくまとめられた。120fpsのハイスピード動画に対応、さらに単独でRAW(DNG形式)データの記録ができるようになった。サイレント撮影対応の電子シャッターが搭載され1/40000秒が使える。画素数は1630万から2432万に増やされた。常用感度はISO100〜12500が、ISO100〜50000に変更された。AF速度は最速0.165秒になり、TLの3倍に向上した。連写速度は約5コマ/秒から約7コマ/秒となり、電子シャッターを使った場合は約20コマ/秒(連続29枚)に対応する。4K動画に対応、フルHDでは60pに対応した。

■Hardware


シルバーボディーの『TL2』に『ライカ ズミルックスTL F1.4/35mm ASPH.』を装着。


液晶モニターは3.7型130万画素のタッチパネル式。オプションのEVF『ライカ ビゾフレックス』を装着可能だ。

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。