人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ミステリーツアー気分で旅行できるJALの「どこかにマイル」攻略法

2017.12.17

ミステリーツアー気分でお得にマイルで旅ができる「どこかにマイル」攻略法

どこでもいいから旅に行きたい、という人は意外と多いような気がする。そんな潜在需要を掘り起こしてくれそうな企画が、JALの「どこかにマイル」だ。1年前に始まった、国内線の新しいマイレージ・サービスである。

その最大の特徴は、“自分で行き先を選べない”ことだ。往路および復路の希望スケジュールと人数を入力して検索すると、自動的に旅先の候補地が4つ表示される。この時点ではまだどこへ行くかは確定しておらず、申し込みを済ませてから、それら4つの中のどこかに決まる。いわば、「ミステリーツアー」のような仕組みである。

注目すべきは、これが有償のチケットではなく、あくまでも特典航空券である点だ。航空会社のマイルをためると、無料の特典航空券に引き換えられるわけだが、「どこかにマイル」はこの特典航空券の一種なのだ。行き先が不確かな旅に高いお金を出す人は限られるだろうが、タダなのであれば話は変わってくるだろう。

しかも、申し込みに必要なマイル数が6000マイルと、かなり低めに設定されている。片道ではなく、往復で6000マイルである。JALの国内線特典航空券は、通常期で1万2000マイルから引き換えられる。片道(1区間)だけ発券したとしても最低7000マイルは必要であることを考えると、6000マイルは際立ってお得感があると言える。なお、対応しているのは、いまのところ羽田発のみだ。地方都市発だと路線数が限られてしまうから、この企画自体が成り立たないという事情もあるのだと思う。

「どこかにマイル」で予約可能な期間は、出発日の1ヶ月前~7日前までとなっている。通常の特典航空券だと2ヶ月前~4日前なので、間違えないようにしたい。ひとまず約1ヶ月後の日程で検索してみると、札幌(新千歳)、鹿児島、長崎、熊本の4箇所が候補に表示された。なるほど、大きく分けて北海道か九州かの2択である。

おもしろいのが、この4つの候補自体は再検索ができることだ。同じ日程でそのまま「旅程を再検索する」を押すと、画面がリロードされ、松山、旭川、小松、秋田の4つが表示された。今度は北から南まで割と地域がばらけた。候補地が気に入らない場合には、やり直せるというわけだ。

ただし、1日に再検索できる回数には上限が設けられている。何回まで可能かはサイト上に明記されていないが、何度も検索し直しているうちにやがて上限に達してしまい、以後は検索できなくなった。こうなると翌日まで待たなくてはならなくなるので、完全に希望通りの候補ではなくとも、ある程度納得できるところで手を打った方がいい。さらには、1日に申し込める受付数にも上限が設けられているという。これも実際、夕方頃には申し込みできたのに、その日の22時過ぎにもう一度見たら「本日の申込受付は終了しました」と画面が変わっていた。

4つの候補地が表示される画面では、各候補地にどんな見どころがあるのかが写真付きでダイジェスト表示される。これは、なかなか親切なつくりだと感じた。しかも誰もが知っているような有名な観光スポットだけでなく、知る人ぞ知る穴場が結構取り上げられている。行ったことのある場所でも新しい発見があるし、説明文付きなので想像も膨らむ。

また、補足しておくと、土日にかかる旅であっても「どこかにマイル」は申し込みが可能だ。土曜の朝に出発し、日曜の夜に帰ってくるようなスケジュールは当然人気で、特典航空券の空席がなかなか取れなかったりする。年末年始など、一部対象外の日程はあるものの、週末に旅できるのはやはり魅力的だ。なおミステリーツアーという仕様上、申し込み後は日程や行き先の変更、マイルの払い戻しは一切できない。

こちらの記事も読まれています

ハイスペックな高速深夜バスで行く大阪ぶらり旅

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。