小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

猫の首輪に鈴を付けるのってアリ?ナシ?

2017.12.03

つまり、人間にとっては小さな音でも、猫にとってはかなり大きな音として聞こえてしまうので、耳のすぐ近くについている鈴の音は、猫にとって耳障りな音になっているといえそうです。

また、猫が寝ているときでも耳は常に敏感に音をキャッチしています。そのため、猫が寝返りを打った際の「チリリン」という鈴の音にもいちいち反応してしまっているそうなんです。

ただ、足音を立てない猫の居場所がすぐにわかるという点では、やはり首輪の鈴は必要なものですよね。猫が狭いところや見えないところなどに隠れてしまった場合に、猫が鳴き声を立てなくても、首さえ動かせば鈴の音で見つけることもできます。

また、突然、足元に猫が寄り添ってきたときも、鈴の音さえすれば、誤って猫を踏んでしまうとか、猫につまずくといった事故も防ぐことができます。
お外に出てしまう(脱走してしまう)猫には、音のしない迷子札を首輪につけるとか、マイクロチップをいれるなどの対処法もありますが、猫の体内にマイクロチップを入れるかどうかは、また別の問題な気もします。

そう考えると、首輪の鈴はメリットもデメリットもあるため、絶対に外すべきだという結論を出すのは、ちょっと強引な気がします。

子猫の段階から鈴付きの首輪をつけると、「この音は安全」と学習し、次第に慣れることもあるそうですが、成猫になってから鈴付きの首輪をつけることは、猫にとってはかなりのストレスに感じるようです。

そもそも、首輪の鈴だけでなく、首輪自体も猫にとっては厄介な存在と言えなくもありませんよね。自分の家族である猫ちゃんと、長く幸せに暮らしていくために、猫ちゃんに鈴付きの首輪を付けたほうがいいのかどうか、じっくり考え、猫ちゃんの様子を見ながら改善していくのが最良の方法だといえそうです。

文/佐藤玲美

構成/ペットゥモロー編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。