人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

発売から約半年で2万台突破!無印良品『豆から挽けるコーヒーメーカー』ヒットの理由

2017.11.24

【中川さんが開発時にめぐらせた思考】

(1)豆から淹れたコーヒーは本当に旨い

(2)バリスタ的な技術を盛り込む必要がある(ハイスペック化)

(3)味わう〝ゆとり〟までも提案

■プロに学んだ3つの技術を凝縮。無印良品が挑んだ〝感じ良い〟味わい

『豆から挽けるコーヒーメーカー』

『豆から挽けるコーヒーメーカー』3万2000円(税込み)

淹れ方は「豆から」「粉から」「ミルのみ」の3種類、豆の挽き方は5段階から選べる。タイマー付きで、コーヒー豆と水、紙フィルターをセットしておけば、好みの時間に淹れたてコーヒーが味わえる。
〈サイズ〉約W14.5×H34.5×D28.5cm 〈重さ〉約4.4kg

●新たな無印良品流家電?

これまでの無印良品にない黒×ステンレスボディーは、〝道具を追求した形〟としてプロダクトデザイナーの深澤直人が提案。プロスペックをイメージさせる意匠だ。

《中川さんのこだわりPOINT》

●豆挽きからでも粉からでもOK

豆挽きからでも粉からでもOK 01 豆挽きからでも粉からでもOK 02
豆挽きからドリップまで全自動で行なう以外に、「粉から淹れる」「豆を挽くだけ」機能も付く。ミルとして使い、ハンドドリップで淹れることもできるのだ。

●コーヒー豆を均一に挽く

コーヒー豆を均一に挽く
業務用マシンに使用される高価な鋳物製〝フラットカッターミル〟を搭載。均一に挽くことで、おいしさを最大限に引き出す。パーツは分解でき、お手入れも簡単。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。