人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.10.31

歯磨き後、味覚が変わったと感じる原因とは?

厚生労働省「平成28年歯科疾患実態調査結果の概要」によれば、1歳以上の者では、毎日歯をみがく者の割合は95.3%。このうち磨く回数では1回が18.3%、2回が49.8%、3回は27.3%だった。

シャボン玉石けんは口腔ケアに対して注目が高まる「いい歯の日(11月8日)」に合わせて、20代から60代の女性を対象にして「歯磨きに関する調査」を実施した。

調査の結果、歯磨き後にみかんを食べたり、お茶を飲んだりして、味覚が変わったと感じることがある人は、 「いつも感じる」「よく感じる」と回答した人を合わせると65%を超えた。これは、歯磨き粉に含まれる合成界面活性剤の成分によって、味を感じる器官である味蕾(みらい)に損傷を受けていることが原因。

この原因を知らない人が84%に上るという結果から、ほとんどの人が味蕾(みらい)に損傷を受けながらも、そのまま歯磨き粉を使い続けていることがわかった。

歯磨きに関する調査
味覚が変わったと感じている人が約65%

歯磨きに関する調査
味覚が変わる原因を知らない人が84%

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。