人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.10.23

訪日外国人には人気なのにヨーロッパでこたつが普及しない理由

ヨーロッパに“こたつ”が広まらない理由と広めるための提案を考えてみた!

冬といえば“こたつ”。

古来、室町時代にその起源を見出せるこたつは、日本人の冬の生活に欠かせないものとなっています。

見るだけで冬を感じ、肩まですっぽりこたつの布団で覆った時のぬくもりは、なかなか病みつきになるものではないでしょうか。

日本の冬の風景にすっかり馴染んだ“こたつ”、海外からやって来る外国の方も“こたつ”に魅せられ、母国で再現してみるなんてことも行なわれていると聞きます。

しかし、日本のトイレの友ウォシュレットと同様に、魅力的だけど一大ブームを巻き起こすには至らない、そんな運命を“こたつ”も辿っているようです。

なぜでしょう?

今回はヨーロッパを例に、“こたつ”の浸透しないいくつかの単純な理由を考えて、海外でこたつブームを巻き起こすための提案も考察してみましょう。

■こたつの浸透しない理由1:地べたに座らない

ヨーロッパに“こたつ”が広まらない理由と広めるための提案を考えてみた!

あまりに単純ですが、“こたつ”の浸透しない根本的な原因は「地べたに座る」習慣がないことにあるのかもしれません。

一部地域を除いて、家の中で靴を脱ぐ習慣のないヨーロッパ各国では、当然「地べたに座る」という習慣も根付いていません。(ちなみに、屋内で靴を脱ぐ習慣のある中東のイランでは、こたつに似た“コルシ”という暖房器具が日常的に使われています)

「床に腰をおろして足を入れる」という“こたつ”の基本構造上、椅子に座っても利用できるという構造に作り替えない限りは、広く利用されることはないでしょう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ