人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.09.15

高層マンションは上層階居住者のほうが部屋の湿気が気にならない?

「湿気」「湿度」と聞くと梅雨のイメージから6月から7月の気候を連想する人も多いのではないか。そこで気象庁が発表している東京の月平均の湿度を見ると、2016年の場合、確かに6月は75%、7月は80%と高く、1、2、12月は50%台と低め。ただし、9月86%、10月72%、11月71%と、秋以降も意外に湿度が高いことがわかる。

マイボイスコムは2回目となる『住まいの湿気』に関するインターネット調査を実施。その回答状況とデータ分析の結果を公開した。

まず住まいの湿気が気になる人は60.1%、男性5割強、女性7割弱だった。女性30・40代では、「気になる」という強い意見が他の層より高くなっている。高層集合住宅の上層部居住者では、湿気が気にならない人の比率が他の層より高い傾向にある。

湿気が気になる場所では、「家の中全体的に」が23.1%、「風呂場」が49.4%と半数弱に達した。続いて「洗面所」「押入れ・クローゼット」が2割強~3割弱、「日当たりの悪い部屋、北側にある部屋」「脱衣所」「キッチン・台所」が各2割弱。「靴箱」「風呂場」「押入れ・クローゼット」は、女性、特に女性高年代層で比率が高くなっている。

住まいの湿気で困っていること・気になることは、「カビが発生する」が49.2%、「におい」「空気がこもる」「結露」「室温(温度)が高く感じる」「なんとなく、じめじめする」が各20%台となっている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ