小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

世界最小の猫種「スキフトイボブテイル」ってどんなネコ?

2017.09.09

■連載/ペットゥモロー通信

猫には、色々な猫種がいます。ふと、世界最小の猫ってどんな猫種なのか、気になってしまったので、調べてみました。実は何年か前に、最少猫種記録を塗り替えた猫種がいるらしく……。これは、猫の雑学として知っておくと、猫好きにモテるポイントになるかもしれません!

シンガプーラのクレちゃん

長らく世界一小さな猫として認定されてきた「シンガプーラ」

まず、ご紹介するのは、シンガプーラ。長らく世界最小猫種としてWCF(ワールドキャットファンデーション)で認定された猫種です。シンガプーラという名前の通り、シンガポールが原産で1974年にアメリカ人夫婦が発見したのが最初なのだそうです。シンガポールの下水溝でネズミを取りながら生活をしていたので、シンガポールでは「ドレイン(下水溝という意味)キャット」とも呼ばれているんだとか。

そこで、シンガポール在住の猫友さんにLINEを送り「シンガポールでは、地域猫シンガプーラがたくさんいるのか」を聞いたところ、「日本の猫と同じような猫が多い」という返事が戻ってまいりました。今は、ドレイン(排水溝)には、いらっしゃらないようです。

シンガポールの地域猫さんの写真。日本にいる猫ちゃんと似ていますね。シティの地域猫さん達はとても人懐こいそうです。※写真はシンガプーラではありません。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。