小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

同じブランドで揃えるスキンケアの「ライン使い」って効果あるの?

2017.08.30

ade30b5e1fa6900e0bd2277d29074545_s

ライン使いのデメリットとは?

ライン使いはメリットがいっぱいの一方で、デメリットもあります。次はデメリットをあげてみましょう。

1.お金がかかる
化粧水や乳液などそれぞれをバラバラのタイミングで買うのではなく、ラインで一括購入すると、かなりお金を使ってしまう印象がありますよね。ただ、バラバラで買ってもトータルだと同じくらいの金額を使っていることも多いので、金額に関しては、事前にネットなどで調べて自分の予算と照らし合わせてみることが大切です。

2.肌に合わないこともあるかも
ラインで買ったすべてのアイテムが、必ずしも自分の肌に良い成分ばかりとは限らないこともあります。例えば、化粧水は肌に合うけれど乳液は肌に合わない(使い心地が悪い)といったことが起こることもあります。

また、初めて使うメーカーやブランドの場合、奮発してラインで購入したのに、すべて肌に合わないという悲しい結果になることも。

初めてのアイテムを使う場合は、肌に合うか合わないかを確かめるためにサンプルやトライアルセット(通常の商品よりも小型化されているトラベルサイズのモノ)などで試してみるのがおすすめです。

3.一つの悩みに集中ケアできることがあだになることも
ライン使いができる基礎化粧品は、ニキビやシミ、シワなどピンポイントで集中ケアできることがメリットでもありますが、デメリットにもなります。例えば、化粧水は保湿重視、美容液は美白重視など、目的別に選ぶ場合は、ライン使いせずに、それぞれの目的にあったものを使う必要がある場合もあります。

ライン使いのメリット&デメリットをあげてみました。サンプルやトライアルセットなどを上手に利用して、自分の肌質にあったケアにめぐり合いたいものです。

取材・文/佐藤玲美

構成/メンズビューティー編集部http://beauty-men.jp/

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。