みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >エンタメ
  3. >ヤラセ、演出って言葉がバカバカしく…

ヤラセ、演出って言葉がバカバカしくなるほどクレイジーな番組『バチェラージャパン』が面白すぎる(2017.08.12)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■連載/ヨシムラヒロムの勝手に宣伝部長

7月27日、個人的にアゲアゲな事柄が発表された。2代目バチェラーが発表されたのである。

「ナニ言ってるのこの人?」と思った方に説明しよう。

バチェラーとは、アメリカ発の恋愛リアリティー番組。容姿、収入、学歴と全てを持った独身男性(英語:bachelor)を25人の美女が奪い合うTVショー。

バチェラーと女性陣は、ラグジュアリーで非日常な空間で多くの時間を過ごす。各話の最後には、バチェラーが気に入った女性のみにバラを渡す公開審査。バラの本数は当然女性の人数より少なく、毎回1〜2人が番組からドロップアウト。回を追うごとに女性の人数は減り、最終話では1名となる。

そして、ここで初めてバチェラーから女性に結婚を前提とした交際を求めるのだ。

そんなバチェラーの日本版「バチェラージャパン」がアマゾンプライムで公開されたのが、忘れもしない2017年2月17日。

少し前に「松本人志のドキュメンタル」が終わり、僕はアマゾンプライムに少々飽きていた頃合いであった。「映画でも見ようかな」と画面を眺めていると、バナーに見慣れないバラを持った笑顔の男。これが1代目バチェラー久保裕丈と「バチェラージャパン」との邂逅であった。

若干の前知識はあったので物見遊山でクリック。当初は「あいのりとかテラスハウスみたいな感じでしょ」と冷やかし気分。しかし、1話の冒頭でもう夢中になっていた。ミイラ取りがミイラになってしまった訳。言い訳だけど「バチェラージャパン」は「あいのり」「テラスハウス」とは傾向が違う番組であった。

上記した2つの番組は、雑にまとめてしまえば青春群像。旅や共同生活を通して、若者が恋、夢を見つけていく成長劇である。

1 2 3 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。