人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

VRで大人の世界を満喫!18禁テクノロジーイベント『AVRS』潜入レポ

2017.05.21

・触覚デバイスの需要

AVRSでは、4名のコンパニオンによる座談会も行われた。

内容は「女性が求めるアダルトVRコンテンツ」である。その中で、「画像と連動する触覚デバイスが欲しい」という意見が出た。

女子座談会では、VRに対する鋭い意見が続々。
女子座談会では、VRに対する鋭い意見が続々。

つまり、画面の向こうの相手が自分の腕を掴んだら、何かしらの機器が腕に触覚を与えるというものだ。男性よりも、女性のほうがそうした機器を強く求めるのかもしれない。

それに実写AVなどは、基本的に「見てるだけ」である。女優が立体的に映ってはいるが、決して自分の身体を触ってはくれない。だが、それが可能になったら?

これは、何もアダルトコンテンツだけに留まらない。ホラー作品にこの技術を応用したら、この上なく恐ろしいものになるだろう。また座談会では「温もりを伝えてくれる機能も欲しい」という声もあった。ほんのり温かい程度の体温を再現するということだが、これがホラーならば「ゾンビの冷たい手」として転用できるはずだ。

・実写VR作品の課題点

実写VRの現状を解説する早稲田治慶氏。
実写VRの現状を解説する早稲田治慶氏。

しかし、大きな問題点もある。

それは、現行普及のVRが「ジャイロ」であるということだ。

つまりプレイヤーを縦の固定軸にし、その回転で仮想空間を広げるというものだが、その固定軸から外れた動作はできない。たとえば、「下から覗き見る動作」は現行の実写VRには不可能だ。ゲームならともかく、実写動画の場合は首を傾げたら景色が分身してしまう。首の上下左右の運動には対応していても、斜めの運動には未対応なのだ。

だが、「完全な3D実写撮影」の技術はすでに存在している。IT業界の巨人Facebookやニュージーランドのスタートアップ8iが、「完全な3D動画」を撮影できる24眼カメラを確立させているのだ。AVRS副事務局長の早稲田治慶氏は、これらの製品を「迫る黒船」と表現した。

・VRの発展性とは

現状、24眼カメラは非常に高額な機器である。安くても数百万円の費用が必要だ。それに対応する動画編集システムを導入するとしたら、さすがに中小の映像制作会社では身に余る。

そうした点から見ても、実写VR市場への新規参入は大変な困難が伴う。なのに、思ったほどのパイが見込めない。だからこそAVRSでは、実写作品よりもゲーム作品のほうが存在感を発揮したようにも感じる。

ただし、VRはそれ自体がまだ新しいテクノロジーである。その用途や発展性は、開発者ですらすべてを見通し切っていない。それだけ可能性があるということだし、この記事も1年後には「ずっと昔の話」になっているだろう。

それだけ技術の進歩が早い、ということだ。

取材・文/澤田真一

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。