人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.05.13

デキる人はやっている!ホテルのラウンジの上手な活用法

遠方からの来客や重要な商談であれば、こちらも特別な場所でもてなしたい。一見ハードルが高そうなホテルのラウンジも、使いこなせばビジネスマンとしての〝格〟も上がるはずだ。

◎コーヒー一杯でも、特別感を演出できる

 大切な商談や打ち合わせに喧噪は不要だ。そこで活用したいのが格式あるホテルのラウンジ。相手への敬意を示せることはもちろん、普段の会議室とは違う特別感を演出できるメリットもある。リラックスして向き合うことで、互いに自然と笑みがこぼれ、商談もうまくいくはず。

「ホテルの〝顔〟ともいえるラウンジは、それぞれに個性があり、気軽に非日常を味わえます。コーヒー一杯でも、特別感を楽しめますよ」(東京ステーションホテル広報・濱  純子さん)

 ラウンジに足を踏み入れると不思議と背筋が伸びる。その緊張感も楽しみつつ、ビジネスにラウンジを使いこなそう。

■ホテルのラウンジはこう使いこなすべし

1. 相手に合わせて場所を選ぶ
相手は空港から直行してくるのか? もしくはクルマか? 自社から近いホテルより、相手の行動を見極めた場所選びが基本。

2. その場に合わせたテンションで
盛り上がりすぎて大きな声で話すのはマナー違反。周囲のテーブルにも配慮して、落ち着いたテンションを維持するべし。

3. ウンチクもテクニック
格式あるラウンジなら「ここの窓枠は創業当時のままなんですって……」なんてウンチクも一興。語りすぎにはご注意を。

4. 利用する時間帯を見極める
ラウンジは朝・昼・晩と利用する客層が変わるので、時間帯選びは重要。午後は比較的、にぎやかな有閑マダムの出現率高し。

5. 空間を味わう
予約不可なラウンジは、事前に席を確保。相手を待つ時間は、贅沢な空間を五感で味わいながら商談成立を静かに祈ろう。

◎アクセス抜群の超好立地
京ステーションホテル『ロビーラウンジ』

東京ステーションホテル『ロビーラウンジ』

1914年の東京駅開業時は待合室として使われた場所が、2012年にホテルのラウンジにリニューアル。スタッフの伊藤華澄さんは「お客様の会話の邪魔にならないようなサーブを心がけています」と、プロならではの気配りも。

東京ステーションホテル『ロビーラウンジ』 東京ステーションホテル『ロビーラウンジ』
東京ステーションホテルには、11:30オープンの老舗バー&カフェ『カメリア』がある。『ロビーラウンジ』で商談がまとまれば、場所を移して祝杯をあげる、なんて粋な演出も。

東京都千代田区丸の内1-9-1
電話/03・5220・1111(代表)
営業時間/平日8:00〜22:00(LO21:30)、土曜日9:00〜22:00(LO21:30)、日祝9:00〜20:00(LO19:30)
料金/コーヒー・紅茶1300円〜、モーニングプレート2300円(平日のみ)、サンドウィッチアソート2650円~ ※サービス料別
席数/76席 予約不可

★おすすめMENU

抹茶ラテ〈蓬菜の昔〉一保堂茶舖
ぜひとも味わいたい『抹茶ラテ〈蓬菜の昔〉一保堂茶舖』は1400円(11時より)。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。