人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

バスケブーム世代が語る『NIKE AIR ZOOM FLIGHT 95 HI』の魅力

2018.04.27

鎌本さん:NBAのスタープレーヤーだったジェイソン・キッドのプレースタイルが大好きで、どうしても履きたかったんです。ミッドカットのほうが主流だったんですが、なかなか手に入れることが難しくて。ハイカットも当時はプレミアム価格になっていて、普通に買おうとすると4〜5万円。学生に買える値段じゃない……。その頃は並行輸入をやっているショップがめちゃくちゃ多かったんですが、その分閉店するショップもたくさんあって。閉店セールを狙って9800円ぐらいで買いました。デザインも凄く90年代的な感じがありますよね。今見るとこれが5万円もしたの? って思いますし、コーディネートは明らかにしにくい(笑)。

 店頭に並んでいる商品はもちろん、雑誌の広告の表示にもプレミアム価格が付いているのが当たり前だった時代。ハイテクスニーカーブームの真っ只中にいたとはいえ、掘り出し物以外は手が届かなかった。

鎌本さん:ファッションのメインストリームからズレていたとはいえ、『AIR MAX 95』とかはもちろん気になっていました。ただ、当時はとても買える値段じゃなく……。閉店セールを狙って掘り出し物を探したり、人気は高くなかったけど自分の趣味に合うモデルを選んだりという感じでしたね。Commonが「Can I Borrow a Dollar」というアルバムでナイキの『AIR FORCE 1 MID』を履いているのを見つけたときは、同じものがどうしても履きたくて探しました。90年代の終わり頃から2000年代初めには『AIR FORCE 1』が大ブームになりましたけど、当時はエア マックス シリーズに比べたら全然安く買えたんですよ。それでもセール狙いでしたけどね。

 バスケットボールと出会い、それをきっかけに音楽への興味が湧き、両方のカルチャーがスニーカーへと繋がっていった。鎌本さんがたどった道も間違いなく90年代的といえるはず。

■問い合わせ先
SKIT東京・吉祥寺店
電話:0422-47-6671
https://www.k-skit.com

取材・文・神津文人

※記事内の情報は取材時のものです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。