人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.04.24

ソニーが迫力の重低音を楽しめる防水Bluetoothスピーカー『EXTRA BASS』シリーズ4機種を発売

ソニーは、様々な場所に持ち出してスマートフォンとワイヤレス接続。迫力の重低音で音楽を楽しめる、EXTRA BASS(エクストラベース)シリーズのBluetooth接続対応のワイヤレスポータブルスピーカー4機種を発売する。全ての機種がお風呂やキッチンでも使える防水仕様に加え、長時間バッテリーのため、自宅だけでなく、アウトドアなど多彩な使用シーンに合わせて音楽を楽しめる。

 

ラインアップは直径約61~42mmのフルレンジスピーカーユニットと2基のパッシブラジエーターを搭載した『SRS-XB40』、『SRS-XB30』、『SRS-XB20』。そして手のひらサイズの『SRS-XB10』で、いずれもオープン価格。発売は5月13日。

SRS-XB40 
『SRS-XB40』

SRS-XB30 
『SRS-XB30』

各モデルの特徴としては、まず『SRS-XB40』は直径約61mm、『SRS-XB30』は直径約48mm、『SRS-XB20』は直径約42mmのフルレンジスピーカーユニットを採用。さらに、低域を強調するパッシブラジエーター2基をスピーカー本体の前後に配置することで、スピーカーの正面以外の位置から聞いても、中高音域の広がりはそのままに、圧倒的な迫力の重低音を楽しめる。
加えて、中・小音量時にも音楽を心地よく聞けるよう、DSP(デジタルシグナルプロセッサー)に新開発の低域増強機能を追加。音量ごとに低域、高域のブースト帯域や量を変えるため、屋内や夜間などに音量を下げた状態で音楽を再生しても、明瞭で心地よいボーカルと重低音を再現できるという。また、パンチンググリルの穴の直径を従来機(『SRS-XB3』、『SRS-XB2』)に比べて大きくしたことで、抜けの良い、広がりのある音を実現した。

SRS-XB20 
『SRS-XB20』

シーンや空間に合わせて演出した光で雰囲気を盛り上げるライティング機能も装備。パンチンググリルの周りが光るラインライト(『SRS-XB40』、『SRS-XB30』は曲によって自動的に変化するマルチカラー。『SRS-XB20』は固定色)、スピーカー脇の左右に配置され、まばゆく光るストロボフラッシュ(『SRS-XB40』と『SRS-XB30』のみ)、スピーカー部分を白く彩るスピーカーライト(『SRS-XB40』のみ)を新たに搭載した。音楽エンタテインメントアプリケーション「Sony | Music Center」から、レイブ、チル、ホットなど全12種類(『SRS-XB20』のみ3種類)のライティングパターンを選択可能。パーティーシーンなどに合わせて光を演出することで、場の雰囲気がさらに盛り上がるはずだ。

そして最大10台までのスピーカー同士をBluetooth技術で同時接続して、同じ音源を流せる「ワイヤレスパーティーチェーン」に新たに対応。友達と持ち寄ったスピーカー同士をつなげて、音と連動する光と大音量を楽しめる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。