人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

円楽腹黒ラーメンVS木久蔵ラーメン、どっちがまずい?

2017.04.23

■連載/大山即席斎の“三ツ星”インスタント麺

大相撲春場所で新横綱の稀勢の里が優勝し、このところ上り調子だった相撲人気が頂点に達した感がある。その裏で悲劇に見舞われたのがご存知「笑点」。稀勢の里フィーバーで視聴者が大相撲に集中した結果、笑点は視聴率9.6%という低視聴率を記録してしまった。

昨年の司会者交代直後の回には28.1%の高視聴率を取り、その後も15~20%程度で推移していたのだが。でも、たまにひと桁視聴率に落ちたくらいでニュースになるほどだから司会者の交代は大成功だったといえる。

あれこれ予想されていた新司会者は結局春風亭昇太に落ち着いた。若手イメージのある昇太だが、過去の司会者昇進年齢と比べると高齢就任にあたる。自分は昭和34年生まれなのでラッキーなことに談志時代も目撃することができた。談志・前武・伸介時代までは大喜利メンバーは若手の集まりで、時々メンバーが二つ目から真打に昇進したとの報告があったりした。先代円楽・歌丸の長期政権時代あたりからメンバーの新陳代謝が少なくなって高齢化が進行したのだ。

事前予想で新司会者の大本命だったのが今回取り上げるラーメンのキャラクターとなっている三遊亭円楽である。

笑点における定番のやりとりといえば円楽の腹黒ネタ。そのイメージをまるごとラーメンにしたのがこちら。袋入り乾麺・箱入り乾麺2食入り・箱入り生麺4食入りと3種類も出ている。

座布団もらえるのはどっち?「円楽腹黒ラーメン」VS「木久蔵ラーメン」『笑点』インスタント麺対決!

それにしてもなんという人を食ったネーミングなのだ。はたして中身は誠意のあるちゃんとしたラーメンなのか、それとも腹黒な儲け主義の一品なのか。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。