人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.03.30

なぜ、パナソニックは男性向けの〝アンダーヘアカッター〟を作ったのか?

2017年の桜の開花は、なんと全国で最も速く3月21日の東京(千代田区)から始まった。東京(千代田区)がトップになるのは2008年3月22日に名古屋、静岡、熊本と並んでトップになって以来、9年ぶりだという。日本気象協会によれば、この後も3月末までには九州から関東各地にかけて開花の便りが届くとのこと。なお同協会ではこの時期、2月頃の寒さが戻った分、満開まで時間が必要となり、桜を長く楽しめると予測している。

そんな春先の企画を立案中の編集部に、思わぬニュースが飛び込んできた。先日、密かに浸透中のトレンドとして、『こっそり教えてほしいオトコの「アンダーヘアー処理」最新事情』をアップしたのだが、なんと記事中でも話題に出ていたアンダーヘアー処理用の専用アイテムが、パナソニックから発売されることが決定したのだ。それが今回フィーチャーするボディトリマー『ER-GK60』である。

パナソニック
ボディトリマー『ER-GK60』
オープン価格
5月1日発売

これまで同社では、髪は「メンズヘアーカッター 」、マユや鼻毛には「マユシェーバーキット」「エチケットカッター」、そして脚や腕用として「ボディシェーバー」をリリースしており、メンズビューティーでも紹介してきた。今回、「ER-GK60」が加わることで、メンズグルーミングのラインアップの最後のピースがはまったようにも見える。

では、そんな「ER-GK60」にはどんな特徴があるのか。果たしてメンズビューティー記事「こっそり教えてほしい~」で、切実な悩みを訴えていたオトコたちを満足させる機能を持っているのか。さっそく商品の企画や開発に携わったパナソニックの陣内克博 氏に話をうかがった。


パナソニック株式会社 
陣内(じんのうち)克博 氏

ここで少し〝復習〟を。アンダーヘアー事情は普段はあまり表立ってする話題ではないだけに、他人がどう考えているかを知る機会も少ないはず。そこで興味深いアンケート調査を紹介しておこう。

まず自分のムダ毛については、60%以上が「気になる」と回答。そんなムダ毛を脱毛するのであれば、30%以上が「ツルツル」を希望しているのだ。

そもそも、アンダーヘアー処理については、アンダーヘアー処理を「常にしている(7.7%)」「たまに手入れする(23.6%)」と回答者の31.3%が処理を当たり前のように行っていることも分かった。

男性向け総合美容外科『ゴリラクリニック』調べ
・調査期間:2016年6月3日(金)~6月6日(月)の4日間(インターネット調査)。20~30代の都内日本人男性220名対象

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。