人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スポーツをする人たちを応援し支える、スポーツボランティアのやりがいとは?

2018.02.27

■地域の少年野球やサッカークラブでも!広がるスポーツボランティア

 スポーツボランティアは、イベントに限らず、地域の少年野球やサッカークラブなどでも活躍している。その活動場所は今、大きく分けて3種類に広がっている。

・クラブ・団体ボランティア
・イベントボランティア
・アスリートボランティア

 イベントの開催は不定期だが、地域のスポーツクラブなどは定期的に行われているため、監督やコーチ、アシスタントスタッフなどの指導者や、道具を準備、車で送迎などの運営の手伝いなどを定期的に担うことができる。空いた時間を利用して活動すれば、趣味の一つにもなりそうだ。

 また、現役・OBアスリートたちが、ジュニアの指導や福祉施設の訪問などを行い、社会貢献活動を行うアスリートボランティアも、一つのスポーツボランティアの形となっている。さまざまな形で広がるスポーツボランティア。ただ手伝い・サポートをするだけでない、未知なる魅力を見出すことができそうだ。

■サッカーボランティアに参加しよう! 

 スポーツボランティアといえばマラソン大会や駅伝などのイメージが強いが、実際、サッカーJリーグでもボランティアは活躍している。例えば、FC東京では、「市民スポーツボランティア」として登録し、FC東京のホームゲームの際に、案内係や会員受付係、選手と手をつないだり、ハイタッチしたりする子どもたちの世話などの運営サポートを行うことができる。1試合につき、平均約70名のボランティアが活動しているそうだ。

 試合中は、試合を観戦することができる。観戦場所はどこになるのかは試合によって異なるが、より身近なところで応援観戦できることもあるだろう。登録はホームページ上から登録フォームを入力し、郵送でメンバーズカード用の顔写真を送ることで完了だ。随時、募集がかかる試合にエントリーすることで、その試合でボランティアとして参加できる。

 スポーツの新しい楽しみ方として、ぜひ一度参加してみてはいかがだろうか?

取材・文/石原亜香利

※記事内のデータ等については取材時のものです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。