人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.02.27

耳からうどん!?賛否両論のワイヤレスイヤホン『AirPods』を使ってわかった○と×

■連載/石野純也のガチレビュー

「W1チップ」を搭載した使い勝手のよさや、ケーブルレスの利便性が評価される一方、その独特なデザインから、「耳からウドンが飛び出してるみたい」「落としやすそう」といったネガティブな反応もあり、賛否両論が飛び交ったアップルの「AirPods」。ジャンルとしてはいわゆるBluetoothイヤホンだが、左右が独立しており、耳に着けたことをセンサーで感知するなど、これまでの製品にはあまりない、大きな特徴もある。

その見た目から、賛否両論を巻き起こしたAirPods
その見た目から、賛否両論を巻き起こしたAirPods

 AirPodsは、昨年、iPhone 7、7 Plusと同時に発表された。この2機種から、アップルは3.5mmのイヤホンジャックを廃止。イヤホンはLightning端子経由で接続するか、Bluetoothを用いることが標準的なスタイルになった。ただ、既存のイヤホンを使う際には変換ケーブルを介さなければならず、見た目があまりよくない上に、常時携帯しなければならない不便もある。

 それを解決する手段として注目を集めているのが、Bluetoothのイヤホンだ。特にiPhoneとペアリングすることを前提に設計されたAirPodsは、その斬新な見た目も相まって、賛否両論ありながらも話題になることが多い。では、AirPodsの使い勝手や音質はどの程度優れているのか。実際に製品を使い、その実力をチェックした。

■ビックリするほど簡単にペアリングでき、操作も直感的

 使い始めて、最初に驚かされるのが、ペアリングの簡単さだ。通常のBluetoothイヤホンだと、ペアリングを待受けるために電源ボタンを長押しするなどして、その後、スマホ側も操作しなければならない。機種ごとに操作方法が微妙に異なるため、いくつか操作を試してみるか、説明書に当たるのが一般的だ。ところが、AirPodsは充電用のケースを開けた瞬間に、自動的にiPhoneにつながる。

 ここまで簡単だと、説明書は一切いらないはずだ。IT関連の製品に疎く、Bluetoothという言葉を聞いたことがない人でも、確実にペアリングできる。通常のBluetoothイヤホンにありがちな、使い始めるまでのハードルが文字通り一切ないのが、AirPodsのすごさである。iPhoneとAirPods(やW1チップ) の両方をアップルが手がけている強みと言えるだろう。

充電用のケースを開けると、自動的に接続が開始される 充電用のケースを開けると、自動的に接続が開始される

充電用のケースを開けると、自動的に接続が開始される 充電用のケースを開けると、自動的に接続が開始される
充電用のケースを開けると、自動的に接続が開始される

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ