人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

メルセデス・ベンツ新型『Vクラス』はスーツの似合う男が選ぶべきミニバンだ

2017.02.23

そうそう、新型Vクラスには3種類のボディーサイズ(というか全長)があるのだが、一般ユーザーが選択すべきはショートかロング。その違いは実はキャビンにはない。異なるのはラゲッジルームセパレーターと呼ばれるラゲッジを上下に仕切れ、立てることも外すこともできる高級感ある収納付きトレーを備えたラゲッジの奥行きのみである。ショートは340mm、ロングは510mmとなる(アルファード/ヴェルファイアは340mm~)。ガッツリ荷物を積み込みやすいのはロングだ。

ラゲッジセパレーターを装備
ラゲッジセパレーターを装備

ラゲッジセパレーターを外したところ
ラゲッジセパレーターを外したところ

また、ラゲッジルームの開口部地上高はVクラスが530mm、アルファード/ヴェルファイアは605mmと、重い荷物の出し入れ性やペットの乗降性ではVクラスが圧倒する。

男気ミニバンとしてお薦めは、2016年6月に加わったパノラミックスライディングルーフ、レーダーセーフティパッケージを標準装備し、AMGライン採用する「V220d Sport Long」だ。エンジンのディーゼル感は皆無とは言えないものの、わずか1400回転から強大なトルクがさく裂し、トルキーで力感に満ちた加速力をのびやかに発揮してくれる。車重は2.4tを超えるが、そう感じさせない重厚にして豪放な男気な走りっぷりである。

メルセデスベンツVクラス

乗り心地はまさしくメルセデスベンツだ。つまりドシリとした重厚感と荒れた路面や段差を乗り超えてもマイルドにいなすストローク感あるタッチを両立する。高速直進性は矢のごとし。クルージング中の車内は実に静かでもある。アジリティセレクトがコンフォートの場合、80km/h時のエンジン回転数は約1300回転とごく低いのである。

Eクラス並みの高級感あるインパネ回り
Eクラス並みの高級感あるインパネ回り

アルファード/ヴェルファイアもたしかに乗り心地そのものは高級車然としているのだが、路面によって2列目席の微振動が気になることがある。ひじ掛けにひじを添えるとビリビリする。それは重く重心の高いシート×ロングスライド機構の弊害だ。その点、Vクラスのシートはエグゼクティブラウンジシートほど豪華ではないが、取り付け剛性は鉄壁。微振動など皆無と言っていい。結果、長時間の着座でも疲れにくいのである。

2/3列目席対座も可能
2/3列目席対座も可能

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。