人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

野菜ジュースだけで野菜不足は解消できるのか?

2018.03.26

■ビジネスパーソンが野菜ジュースと上手に付き合うためには?

ブームが絶えない「野菜ジュース」ビジネスパーソンにとっての上手な付き合い方とは?

では、忙しくあまり食事に気を遣う時間のないビジネスパーソンは、野菜ジュースとどのように付き合っていくのがいいのだろうか? 諏訪さんは次のことを教えてくれた。

「野菜を“食べる”ということは“噛む”ことです。咀嚼の効果は、脳の活性化や消化液の分泌など、体にとって有益なことが多く、また満腹中枢が働いて食べ過ぎを防ぐなどの効果もあります。ジュースにしてしまうとそれらの効果を得られにくくなりますので、まずはしっかりとバランスの良い、野菜たっぷりの食事を摂り、野菜ジュースは補助として利用するようにしてください。野菜ジュースに頼りすぎない食生活を送ることが大切です。

どうしても野菜を食べる機会がない場合や、野菜嫌い、体調不良などの場合には、上手く野菜ジュースを利用されると良いでしょう」

グリーンスムージーやコールドプレスジュースなどは、栄養面で期待できるが、生の野菜を搾って飲むのは少々手間で、さらに保存が効きづらいという難点がある。その点、市販の野菜ジュースは職場にも持っていきやすく、手軽に摂取できるところがメリットといえる。

まずは生の野菜を食べる食習慣をベースにし、野菜ジュースは補助的に活用しよう。

 

諏訪淳子

諏訪淳子さん
一般社団法人健康栄養支援センター 代表理事、日本ビューティーヘルス協会 会長。美容食インストラクターR、栄養士、美容栄養学専門士、栄養コンサルタント社代表、関西コレクション エンターテイメント 美容栄養学講師、モデル・タレント・ミス大会フードトレーナー、美容食・ダイエットインストラクターなど多数の肩書きを持つ。行政・企業主催による食育イベントや講演会などに多数出演し、美容栄養学の講座や料理教室も多数開催している。その他、テレビ、新聞、雑誌など出演、番組・記事制作協力など精力的に活動を行っている。

取材・文/石原亜香利

※記事内のデータ等については取材時のものです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。