小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

2018年東京・中目黒にスターバックスの新業態「リザーブ ロースタリー」がオープン

2016.11.09

「中目黒を選んだ理由は、大きな人の流れがある場所であると同時に、緑が多くあるというのも大きな要素になっている。ロースティングということで、自然とマッチしている環境かどうかを重視した結果、中目黒は非常に魅力的な街だった。シアトルの店舗を見ても非常にユニークな場なので、地元の方はもちろん、東京だけでなく日本全国、海外の方も来ていただけると思っている」(水口氏)

2018年に中目黒にオープンするスターバックス新業態「スターバックス リザーブ ロースタリー」はコーヒーのアミューズメントパーク

 目黒川沿いの自然豊かな場所で、敷地面積は1200平方メートルと通常の店舗と比べるとかなり大きい施設になる。店舗で生豆から焙煎してコーヒーとして提供するのは日本のスタバでは初めての試みだ。ロースタリーではマーチャンダイズも改良を加え、イタリア料理で有名なロッコ・プリンチ氏が監修した高級ベーカリー「プリンチ」のフードやパンも取り扱う予定。

 中目黒のロースタリーのデザインは、スタバの「太宰府天満宮表参道店」を手がけた隈 研吾氏が担当する。伝統的な木組みを用いて、日本の職人の技を世界にアピールできるようにデザインをしたという太宰府天満宮の店舗は、世界中から客が訪れる有名店となっている。(※画像は「GOOD DESIGN AWARD」より。(C)JDP)

2018年に中目黒にオープンするスターバックス新業態「スターバックス リザーブ ロースタリー」はコーヒーのアミューズメントパーク

「外国で講演会をやる機会も多いが、講演後に学生さんに“スターバックス、行きました!”と言われることがとても多い。太宰府天満宮の店舗は私にとっても思い出深い仕事だった。

 今回のプロジェクトだが、まず中目黒にこんなに広い敷地があったことに驚いた。目黒川沿いの場所で、桜並木があって、川の音が聞こえる。住宅エリア、商業エリア、工業エリアと限定されず、いろいろな要素が全部ミックスした新しい時代のライフスタイルを予感させ、しかも東京なのに自然を感じさせる特別な場所。スターバックスの新しいコンセプトのロースタリーはぴったりのマッチングで、ここでデザインできるのはハッピーでエキサイティングなことだと思っている。

 21世紀は人間が自然の重要さに気づく時代だと思う。ロースタリーは自然が生んだ生豆がプロセスを経てコーヒーになる過程を体感できる、21世紀の姿を予感させる特別な場所になると思う。これからの建築は自然素材をどう使うかが大事になるという思いで作っているが、今回も自然素材をピュアに力強く見せることを考えてデザインしている。店舗と周囲の景色が完全に溶け合って、自然と人間のつながりを暗示させるような建物にしたい」(隈氏)

2018年に中目黒にオープンするスターバックス新業態「スターバックス リザーブ ロースタリー」はコーヒーのアミューズメントパーク

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。