人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.08.21

獣医師に聞く嫌がる猫を動物病院に連れて行くコツ

■連載/ペットゥモロー通信

Dr.林のにゃんこの処方箋

猫を動物病院に連れて行くコツ

IMG_3626

猫ちゃんを動物病院に連れて行く場合、結構大変で、猫ちゃんにも飼い主様にもストレスになってしまうことがあります。今回は動物病院にスムースに連れて行く方法をお話しします。

1)キャリーの選び方

ちなみにキャリーとはプラスチックや布でできていて猫を安全に移動する入れ物のことです。

ペットショップには様々な形や素材のキャリーが売っていますが、なんといっても天井と前面(後面)が空く、ハードタイプのものがベストです。真ん中でふたとボトムをわけられるタイプのものだとなおいいですね。こういうタイプのキャリーだと、病院で怖がっている猫さんやどこかに痛みがある猫さんを、無理に外に引っ張り出さずにボトム部分にいれたまま診察することができます。

近頃はビニール製や布製のおしゃれなキャリーも出回っていますが、車で来院するにしても、やはりシートベルトでしっかりと固定して猫さんの安全を守らなければならないので、頑丈なプラスチック製のものにしてあげてもらいたいです。また、車に乗ることに慣れていない猫さんのほうが多いと思いますので、見慣れない風景などにおびえてしまいます。キャリーにはブランケットやバスタオルをかけてあげると良いでしょう。

58381_m

campingcarry06
こういったキャリーがベストです(出典:https://www.richell.co.jp/shop/pet/detail/s0000000050

2)キャリーで快適に過ごせるように

IMG_1755

動物病院に行くのにキャリーに入ってもらう必要があるわけですが「キャリー=嫌!」「怖いところに連れてかれる!!」と、多くの猫ちゃんは思っているかもしれません。

だからこそ、キャリーは快適で、自分から入りたくなっちゃう場所と思ってもらえるようにしたいものですね!そうするためには

(1)キャリーを猫ちゃんのお部屋にいつでも置いておく
病院に行くときだけキャリーを出してくるようだと、キャリーが出てくると警戒してしまいます。いつもいる場所にいつでもあれば、嫌なこととの関連ができにくくなります。

(2)お気に入りの毛布、家族の服などを入れておく
普段と同じ場所の匂いがすると、いざ移動の時も安心してもらえます。

(3)おやつやおもちゃをキャリーの中に入れておく
普段からキャリーの中に猫ちゃんの好きなおもちゃなどを仕込んでおきましょう。もしかしたら、誰もいない時にもこっそり入って遊んだりしてくれるかもしれません。

とはいえ、猫ちゃんたちがキャリーに対する警戒心をなくしてくれるのはなかなか大変です。もしかしたら何日も、何週間もかかるかもしれません。静かに、辛抱強く、時間をかけてわかってもらう必要があります。キャリーと猫ちゃんが仲良くなれるように、特別なキャリーの工夫を凝らしてみましょう。上手にキャリーに入ることができたらご褒美をあげたりして、キャリー嫌いを克服しましょう!

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ