人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.08.09

「ダメなサウナ」と「いいサウナ」の決定的な違い

■連載/カーツさとうの最強サウナ熱伝

駄目サウナから良質サウナが見えてきた! 
(写真はイメージです。本文とは関係ありません)

 久しぶりに、

「こりャあ駄目サウナだな…」

 と、つくづく思ってしまうようなサウナに入った。

 しかし、その駄目サウナに入ることで、どういうサウナだと人間は気持ちよくなれるのか? というたとが、ものすごくわかった! ようするに反面教師的学習をしたワケだけど、今回はその駄目体験と、そこから見えてくる『いいサウナってなんなんだ?』という話。

 以上、わかりやすい前書きでした。

 問題の駄目サウナ。もう駄目すぎちゃって文句ばっかになるんで、名前はもちろん、イニシャルによる仮名も書きません。新宿区にあるサウナとだけいっておく。

 なにが駄目って、とにかくサウナ室がひどすぎる。温度は100度前後なんだけど、とにかく湿度が低すぎる! いやもう“低い”なんてレベルじゃなくて、乾燥注意報発令中である。

 その感触は、サウナ室に入っているというよりも、もはや焚き火に当たっている感覚といってもいい。赤外線のサウナストーブに向いてる肌がただただピリピリと熱いだけ。それでも温度は100度あるんで汗は出てくるけど、なにか体の芯まで温まってこない。

 ただ、その時は別になんとも思わなかった。過去に、ここまでとはいかないまでも「焚き火じゃねかよ!!」ってい思っちゃう乾燥サウナは何度も経験したことがある。しかし、そんなサウナ室でも、その後に水風呂に入れば“ある程度の気持ちよさ”は絶対に体感できていたのだ。“最上の気持ちよさ”にはならないまでも、この時も“充分気持ちよかった…”ってな気分でサウナを後にするだろうと思っていた。

 ところが今回だけは違った!

 いまいちのサウナを出て水風呂に入る。そして驚いた!!

 サウナ室が駄目だったのに、なぜか水風呂だけはキンキンに冷えていたのだ。

 水温系を見ると15度!! サウナーとしてはかなり“ありがたい”レベルの冷水である。この水風呂に体を沈めた瞬間、

「こりゃあ、サウナはダメだったけどトータル的にはけっこうイイぞ!!」

 その時は、そう確信したのだった…。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ