小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

EVモードで100km近く走るメルセデス・ベンツ「E350eスポーツ エディションスター」の高い実用性

2024.06.30

「Eクラス」は1946年に発売されたW130型以来、世界のプレミアムセダンの指標とされてきたアッパーミドルセダンだ。その「Eクラス」が2024年1月にフルモデルチェンジをはたした。ホイールベースは先代より20mm長くなり、スタイリングもフロントグリルはクロームの縁どりが加わり、ドアハンドルは通常はボディーと面一になり、使用時はせり出すタイプを採用している。リアビューは、テールランプは2ピースのLEDで、メルセデスのエムブレムであるスリーポインテッドが浮かびあがるデザインが特徴だ。

日常使用ではEVだけで事足りる

 全長4960mm、全幅1880mm、全高1485mm、ホイールベース2960mmというサイズは、10年前の「Sクラス」に近いサイズとなっている。新型になり、新たにラインアップに加わったのが、プラグイン・ハイブリッドの「E350eスポーツ」(988万円)。セダンにのみラインアップするモデルだ。

 パワーユニットは直4、2.0Lガソリンターボエンジン+電気モーター。モーター用の電池は自社開発の電池を使用しており、24.5kWhを発生。129PS、440Nmを出力している。EVの航続距離は112kmがメーカーの公表値。140km/hまで電池+モーターのみで走行できるという。日常使用ではほとんどエンジンを始動させることなくEVだけで事足りる、と担当者が言うほど自信があるようだ。

 試乗したのは、SPORTS Edition Starというグレードで、走行距離はわずか509kmという新車だった。運転席に座り、インパネを見ると助手席の前まで1枚のスクリーンが広がる。試乗車は、オプションの「デジタルインテリアパッケージ」(40万4000円)を装備しているので、このワイドなインパネをたっぷり体感することができた。助手席の前にもモニター画面があり、ナビだけでなく各種コントロールも助手席前のスクリーンで操作することができるのだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。