小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「知っていればよかった」と後悔している葬儀のことTOP3、3位葬儀の形式、2位葬儀社の選び方、1位は?

2024.06.28

ライフエンディングのトータルサポートを提供する燦ホールディングスでは、2020年より「ライフエンディングに関する意識調査」を首都圏、近畿圏で喪主または葬儀を執り行なった経験がある40~70代の男女1000名を対象に実施している。

先日、2024年3月実施分の結果から前半が発表されたので、同社リリースを元にその概要をお伝えする。

初めて喪主または葬儀を執り行った平均年齢は「50歳」

2020年の47.5歳から上がり続け、昨年の51.2歳をピークに今年は1.2歳下がる。年代別にみると「40代」が全体の30%で最も多く、次いで「50代」が27%となっている。

■葬儀のことで知っていればよかったと後悔していることは「適正価格」

葬儀のことで知っていればよかったと後悔している人は全体の6割強を占める。

具体的な内容としては、調査開始から5年連続で「適正価格」が1位となった。2位「葬儀社の選び方」、3位「葬儀の形式」は、コロナ禍が落ち着いた昨年から順位が上昇。日常を取り戻し、葬儀の内容への関心が深まっていることが推察できる。

葬儀以外で知っていればよかったと後悔していることは「相続」

葬儀以外のことで知っていればよかったと後悔している人は、全体の55%。具体的な内容としては、1位「相続」、2位「お墓・霊園・納骨堂」、3位「遺品整理」で、このTOP3は5年間変わりはない。

■生前、故人に確認せずに後悔したことがある人は4割

具体的な内容は、1位「遺品整理」、2位「財産・相続」、3位「遺影写真」となった。

ちなみに公開した人の割合は、2020年52%、2021年43%、2022年40%、2023年41%と減少傾向にある。

■84%の人が葬儀について「誰かに相談をしている」

相談する相手は1位「葬儀社」、2位「兄弟」、3位「配偶者」の順となった。

「葬儀社」はコロナ禍の2021年、2022年は3位になるも、2023年から1位に復活した。コロナ禍の期間は、配偶者など一緒に住む身近な人に相談する人が多かったが、日常が戻ったことで「兄弟」「親」「親戚」など同居者以外に範囲が広がったようだ。

調査概要
調査名/ライフエンディングに関する意識調査
調査期間/2024年3月14日~18日
調査対象/首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)、近畿圏(大阪府、京都府、兵庫県、奈良県)で喪主もしくは葬儀を執り行なった経験のある40~70代の男女
回答者数/1000名
調査方法/インターネットによるアンケート調査
調査主管/燦ホールディングス株式会社

関連情報
https://www.san-hd.co.jp/

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。