小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

救世主の仮面を被った悪魔!?疲れた時の甘い物が生む慢性疲労の負のスパイラル

2024.07.02

連日の暑さで疲れが溜まる時期かと思います。疲れた時は「甘い物」、栄養ドリンクでもうひと頑張り、缶コーヒーや炭酸飲料で一服、無料の大盛りライスをがっつり…なんて思い当たる節はありませんか? 実は、これらも慢性疲労の要因なんだそうです。しかも、疲れやすい人は太りやすく、老化も早く、大病も患いやすい…。疲労を放置すれば、寿命まで縮まるとか!

東京・銀座のど真ん中にクリニックを構え、糖尿病やアンチエイジングの名医として日々患者に接する牧田先生。近年では著書累計200万部超を誇るベストセラー医師として、たびたびTVにも登場しています。超多忙であるにもかかわらず、若々しく、活気に満ち、スリムで肌つやもあり、とても73歳とは思えませんが、なぜなのでしょうか?

本記事では牧田先生の最新刊「疲れない体をつくる最高の食事術」から一部を抜粋し、牧田先生のように疲れ知らずの体を手に入れるヒントを解説していきます!

甘い物を摂ったときの効果は一瞬〈脳が騙され慢性疲労に導かれる〉

 俳優の中谷美紀さんが、長く「機能性低血糖症」を患っていることをSNSで公表し、話題になりました。

 機能性低血糖症とは、食後の血糖値が急激に上がり、それに対応するために膵臓からインスリンというホルモンが過剰に分泌され、今度は血糖値が下がりすぎてしまう病気です。

 そもそも血糖値は、よほど高くならない限り特別な症状は出ません。むしろ、少し高いくらいのときは、アグレッシブに行動できます。

 一方で、血糖値が下がりすぎると、眠気、倦怠感、吐き気、めまい、動悸、頭痛、思考力や集中力の低下などさまざまな不快症状に襲われます。

 中谷さんもこうした症状に苦しめられたはずですが、彼女の場合、病気という認識を強く持ち、きちんと治療を受けています。

 問題は、気づかずに血糖値の乱高下を繰り返している人たちです。おそらく、みなさんも他人事ではありません。

 たとえば、食後しばらくして眠くなってしまう人や、慢性的な疲労感や不調に悩まされる人は、程度の差こそあれ血糖値の乱高下を起こしています。ただ、そうした危ない状況を、自覚なく見過ごしているだけです。そして、その根本原因は、よかれと思って補給しているものがつくっているのです。

 疲れを感じたときに、なにか甘い物を欲しがる人が結構います。みなさんも覚えがあるかもしれません。そんなときは、手軽なコンビニスイーツや和菓子、あめ玉、ジュース、缶コーヒーなどを口にして、ほっと一息つくことでしょう。

 たしかに、人間は甘い物を食べると瞬間的に元気になります。でも、それは肉体的疲労が消えたわけではありません。急激に血糖値が上がり、ドーパミンやセロトニンといったホルモンが分泌されることで脳が高揚感に包まれているだけ。要するに、脳が騙されているわけです。

 しかも、それこそがみなさんを慢性的な疲労に導いてしまうのです。甘い物を摂ったときの効果は短期的で、元気になるのは一瞬です。

 その後は、血糖値の乱高下による疲れがどっと出ます。そして、あたかも薬が切れた薬物依存患者のように、甘い物が欲しくてたまらなくなります。

 つまり、「疲れた」→「甘い物を食べよう」→「さらに疲れた」→「もっと甘い物を食べよう」という負の連鎖に、多くの人がからめとられているわけです。

 甘い物は、疲れたときの救世主ではありません。救世主の仮面を被った悪魔だということを、まずはしっかり覚えてください。

 加えて、より重要なのは、その負の連鎖を引き起こすのは、実は「甘い物」だけではないということです。米飯やパン、麺類といった炭水化物も糖質の塊であり、重度の慢性疲労を引き起こす犯人です。

 また、コンビニや薬局で売られている、栄養ドリンクやエナジードリンク、スポーツドリンクにも糖質がたっぷり含まれます。「眠気を吹き飛ばそう」「もうひと頑張りしよう」という目的で飲むのは、明らかに逆効果。元気になった錯覚を起こしているだけです。

 みなさんの慢性疲労をつくりだしているのは、自分の体に対する誤解、それも「よかれと思っての誤解」がほとんどです。言い方を変えれば、その誤解を解いていけば、すっきり快適な体が手に入ります。

☆ ☆ ☆

いかがだったでしょうか?

牧田先生によれば身も心も若々しくいられる秘訣は、「すべて日々の食事にある」そうです。医学的、生化学的に正しい知識を身につけ、できることから少しずつ実践するだけで、牧田先生のように疲れ知らずの体を手に入れることができ、しかも太らず、老けずに、病気を遠ざけることができます。

名医が実践する「医学的に正しい食事術」が詰まった一冊「疲れない体をつくる最高の食事術」をぜひ書店でチェックしてみてください。

「疲れない体をつくる最高の食事術」
著者/牧田善二
発行/小学館
Amazonで購入する
楽天ブックスで購入する

牧田善二(まきた・ぜんじ)
AGE牧田クリニック院長・医学博士
糖尿病・合併症治療・アンチエイジング専門医1951年、北海道生まれ。北海道大学医学部卒業。地域医療に従事した後、ニューヨークのロックフェラー大学医生化学講座などで、糖尿病合併症の原因として注目されるAGEの研究を約5年間行う。血中AGEの測定法を世界で初めて開発し、『The New England Journal of Medicine』『Science』『THE LANCET』などのトップジャーナルに論文を発表する。
北海道大学医学部講師、久留米大学医学部教授を経て、2003年から糖尿病をはじめとする生活習慣病、肥満治療のための「AGE牧田クリニック」を東京・銀座で開業。延べ20万人以上の患者を診ている。
著書に、シリーズ90万部超の『医者が教える食事術 最強の教科書』、10万部超の『糖質中毒 痩せられない本当の理由』ほか多数。著書累計は200万部を超える。
AGE牧田クリニック

構成/DIME編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。