小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

韓国発の「エレベータープリ」が若者から支持される理由

2024.06.30

近頃若い世代を中心にブームになっている『エレベータープリ』を知っていますか?

韓国発のトレンドで、多いときには店舗前に2時間待ちの行列ができることもあるとか!

今回はそんなエレベータープリについて、体験できる場所や魅力、楽しみ方などをまとめました。

エレベータープリとは?

エレベータープリとは、「エレベーター」のような「プリントシール機」のこと。「韓国式プリ」などとも呼ばれ、韓国で流行ったものが2024年2月に日本の新大久保へ上陸したことで大きな話題をさらいました。

プリントシール機の撮影ブースがエレベーターの内装に似せてあるのが1番の特徴で、まるで本物のエレベーターのなかで撮影したような仕上がりになります。

中高生~20代の若者(特に女性)を中心に人気を集めていますが、プリ機自体の設置数は国内ではまだそこまで多くありません。そのため、エレベータープリを撮るのに2~3時間待ち!なんていう現象も起きているということ。

<補足>そもそもプリントシール機とは?

「そもそもプリントシール機を使ったことがない…」という世代向けに補足すると、プリントシール機とは、専用カメラで撮った写真がその場でシールに印刷されて出てくるアミューズメント機器のことです。

※ちなみに通称として良く使われる「プリクラ」は、セガの商標登録である「プリント倶楽部」のこと。本記事では一般名称であるプリントシール機の名前を使用しています。

1995年に登場して以来、様々な機種が登場し、ゲームセンターやテーマパーク、ショッピングモールの一角などに設置されました。当初は顔写真のみしか撮れなかった(しかも画質はかなり荒い)ものが、全身撮影が可能になり、背景が選べるようになり、落書き機能が付与され、顔やスタイルまで変えられる加工機能が充実し…と、時代と共に進化を遂げてきました。

令和になった今も安定した人気を誇っていますが、2000年代前半のギャル全盛期のような “ブーム感” はない、というのが一般的な印象かもしれません。中高生や20代の若者世代にとっては定番のスポットであり、数ある遊びのなかの1つとして選択肢に存在しています。

そんなプリントシール機でしたが、このたび若者が行列をなす新発想の機種「エレベータープリ」が登場したことで、再びブームになっているのです。

一周回って映える?エレベータープリの魅力と楽しみ方

プリに馴染みがない世代だと、エレベーターで写真が撮れることの何がそんなに良いの?と思うかもしれません。

以下は、「一周回って映える」とすら言われるエレベータープリの魅力(メリット)です!

(1)斬新な構図・背景で撮影できる

エレベータープリのカメラはエレベーターの防犯カメラと同じ位置に設置されているので、かなり高アングルからの撮影ができます。

他にも、鏡面になっている壁に後ろ姿を映して撮ったり、無機質な背景で映画やモデル風のモードな写真を撮ったり、とこれまでのプリ機にはない斬新な写真が撮れる点が評価されています。

(2)スタイル良く見せられる

スマホ撮影のテクニックでも使われますが、極端に高いアングル(または低いアングル)のカメラで撮るとスラッとした細身の体系に見せることができます。

エレベータープリの場合は斜め上のアングルにカメラがあるので、手をカメラに向かって伸ばして撮るなどすると小顔に見せられる効果もあるとか!

(3)あえての無加工&レトロな画質のエモさ

美白からデカ目、痩身まで、加工で何でも叶う時代、「あえて無加工なのがエモい」といわせるのがエレベータープリの魅力です。

エレベータープリで撮影したプリントシールは一般的なキラキラ系プリントシールと違い、極度のフラッシュや加工はありません。防犯カメラの映像をちょっときれいにしてそのまま写真にしたようなレトロな画質で、「非日常感」を味わうことができるのも特徴。

機種によっては撮影中の様子を動画で残してくれるものもあるようで、撮った後まで盛り上がる要素があるのも良いところです。

エレベータープリはどこにある?

2024年6月時点でエレベータープリが設置してあると確認できた場所は4か所です。

東京都内3件、大阪市内1件とまだまだ希少ですが、今後のブーム加熱具合によってはまだまだ増える見込みもあると思います!

(1)新大久保「The Film」

新大久保駅から徒歩10分ほどの場所にあるエレベータープリ店舗。わかりにくい場所にあることでも有名ですが、土日は行列ができる超人気店。

住所:〒169-0072 東京都新宿区大久保2-7-5 共栄ビルディング102

(2)新大久保「Pippi」

2024年6月にオープンしたばかりの話題の新スポット。エレベータープリが撮れる他、同じく韓国トレンドの「ワッペンワーク」ができます。

住所:〒169-0072 東京都新宿区大久保2-7-1 大久保フジビル104

(3)下北沢「Rumor spreads」

下北沢駅から徒歩3分ほどの場所にあるエレベータープリ専門店。プリ機以外にもモード系のフォトスポットがあり、スマホでSNS用写真を撮影するのにもおすすめ。

住所:〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-14-13 フタバビル 2F

(4)大阪市「Hallyu Studio」

2024年4月にオープンした、大阪鶴橋コリアンタウンにあるエレベータープリ店舗。ネームステッカーが作成できるアミューズメント機や、サングラス・カチューシャなどの無料貸し出しも有り。関西では唯一のエレベータープリショップです。

住所:〒544-0034 大阪府大阪市生野区桃谷3-1-19

トレンドのエレベータープリを楽しもう

10代~20代を中心にブームになっているエレベータープリをご紹介しました。最新トレンドや韓国文化が好きな方はぜひチェックしてみてください。

エレベータープリの撮影イメージや撮影ポーズ例を見たい場合は、TikTokやInstagramで「#エレベータープリ」と検索するとたくさんヒットしますよ!

流行りのプリントシール機を体験してみたい方も、娘や息子とトレンドを楽しみたいパパさんママさんも、試しに1度足を運んでみてはいかがでしょうか?

※記事内の情報は2024年6月の執筆時のものです

文/黒岩ヨシコ
編集/inox.

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。