小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

フェラーリ最後のV12気筒エンジン搭載モデルとなるか?「12チリンドリ」が示した未来志向のスーパースポーツ

2024.06.19

2024年6月11日、虎ノ門ヒルズステーションタワーにあるTOKYO NODEにおいて、フェラーリ「12(ドーディッチ)チリンドリ」(以下12チリンドリ)のジャパンプレミアが行なわれた。フェラーリ「12チリンドリ」は、5月3日にマイアミで発表された自然吸気V12エンジンをフロントミッドシップに搭載したフェラーリ最新モデル。ワールドプレミアからわずか1か月半で日本初上陸となった。

発表会に登壇したエマヌエレ・カランド氏(左)とドナート・ロマニエッロ社長(右)。

V12エンジンをフロントミッドシップに搭載したフェラーリ最新モデル

気になる価格は、クーペの「12チリンドリ」が5,674万円から、オープンの「12チリンドリスパイダー」が6,241万円から、となっている。デリバリーはクーペが2024年末からだ。フェラーリ「12チリンドリ」は、「812スーパーファスト」の後継車で、ボディサイズは全長4,733mm×全幅2,176mm×全高1,292mm。総アルミ製のシャシーは、ホイールベースが「812スーパーファスト」より20mm短い2,700mmの新開発で、ショックタワーやAピラー、Cピラーといった鋳造コンポーネントにより、ねじれ剛性を高めると同時に軽量化も果たしている。

外観デザインは、クリーンなラインで構成。各部のフォルムを強調しつつ、全体をシームレスにつないでいる。フェラーリならではの官能性は残しつつ、フェンダーは究極の幾何学的精度で造形されている。V12エンジンを抑えるボンネットは、流麗な造形でフロントフェンダーと一体化。フェンダーとのカットラインを排除したことで、逞しいデザインに滑らかに連続する面構成となり、クリーンな流れが生まれている。

デイトナを彷彿させるフロントマスクが特徴。

カーボン製のディフューザーのフィンによってボディが浮いているように見える。

「12チリンドリ」はトランクリッドの25nmのノルダーとアクティブ・エアロを採用。ノルダーは、空気抵抗が最小のときに、車両の空力効率をキープするため、必要な再加圧を発生。一方、可動グラップは車速60km/hまでと300km/h以上ではロー・ドラッグポジションとなる。車速60km/h~300km/hの間では、車両の前後・左右の加速度に応じてスポイラーが稼働。ハイ・ダウンフォースのポジションを取ると最大のダウンフォースを発生し、空力バランスの取れた状態となる。

さらに、アンダーボディは、最大限に効率的なダウンフォース発生を実現するように設計。中央ラジエターからの気流の管理にも貢献している。また、低圧になるフロントタイヤ後方には、2個のルーバーを配置。これによりエンジンルーム内の過剰な圧力が抑えられ、ラジエターの効率が高まるのに加えて、ダウンフォースの発生を促進する。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。