小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

航続距離は245km!ホンダが新型軽商用EV「N-VAN e:」を発売、商用から個人ユースまで4タイプを用意

2024.06.19

ホンダは、新型軽商用EV(電気自動車)「N-VAN e:(エヌバン イー)」を2024年10月10日(木)に発売することを発表した。

e: FUN (オータムイエロー・パール&ブラック)

このN-VAN e:は、商用からホビー用途まで、幅広いニーズに対応するクルマとして好評を博しているガソリンモデル「N-VAN」をベースに、EVならではの使い勝手を加えた軽商用EV。フラットで低い床と高い天井がもたらす広く大容量な荷室空間、助手席側のセンターピラーをなくした大開口部などの特長はそのままに、N-VAN e:には給電機能や静粛性など、EVならではの価値が加わった。

e: FUN (オータムイエロー・パール&ブラック)

大容量バッテリーの採用、電動アクスルの小型化、高電圧部品の集中配置による部品専有スペースの最小化などにより、商用ユースに求められる実用航続距離と大容量の荷室空間の両立を目指した。

e: FUN インストルメントパネル

e: FUN インテリア・シート(アイボリー)

主な商用ユースの1つである配送業務にも十分対応する一充電走行距離として、WLTCモードで245kmを実現したほか、充電時間は普通充電(6.0kW出力)で約4.5時間、急速充電(50kW)で約30分と、利便性も追求している。さらに、バッテリー冷却・加温システムにより、高温や低温によるバッテリーの性能低下を抑制、特に冬季における充電時間の短縮と航続距離の向上に寄与する。

商用から個人ユースまで幅広いニーズに応える4タイプを設定

■e: L4

e: L4 (ボタニカルグリーン・パール&ブラック)

e: L4 (ボタニカルグリーン・パール&ブラック)

商用から個人ユースまで幅広く活用できる、4席のシートを配置したスタンダードタイプ。フロア下にバッテリーを搭載しながらもガソリンモデルと同等の広い荷室空間を実現した。また、多彩な情報を表示可能な7インチの液晶メーターを採用したほか、エクステリアにはツートンカラーも設定し、選択の幅を広げている。

■e: FUN

e: FUN (ソニックグレー・パール&ブラック)

e: FUN (ソニックグレー・パール&ブラック)

e: L4をベースに、趣味やレジャーシーンにもなじむスタイリングを採用。インテリアは明るくナチュラルなベージュカラーとし、エクステリアにはe: L4同様ツートンカラーも設定した。また、LEDヘッドライトを採用したほか、急速充電を標準装備とするなど、充実した装備が特長。

■e: G

e: G(ルナシルバー・メタリック)

e: G(ルナシルバー・メタリック)

商用ユースに特化し、機能性を追求したタイプ。ドライバー1名での利用を想定し、シートは運転席の1席のみ設定。より長尺の物を積めるよう助手席側ダッシュボードの形状を工夫し、N-VANガソリンモデルと比較し95mm室内長を伸ばしたほか、助手席を無くしたことで4人乗りのe: L4やe: FUNに対し120mmフロア高を下げ、使い勝手を向上させている。

■e: L2

e: L2(タフタホワイトⅢ)

e: L2(タフタホワイトⅢ)

シートは運転席と運転席側後席の2席の前後タンデム仕様を採用。左側の座席がない空間と、ピラーをなくした大開口部によってN-VANの価値が際立つ、乗り降りや荷物の出し入れがよりしやすい仕様となっている。

なお、e: G、e: L2タイプは本田技研工業(株)法人営業部および新車オンラインストア「Honda ON」での販売限定で、リース契約のみでの取り扱いとなる。Honda ONでの取り扱いについては、特設サイトにて確認できる。

特設サイト:https://on.honda.co.jp/nvan-e

【メーカー希望小売価格】

■本田技研工業(株)法人営業部および Honda ON限定タイプ

関連情報:https://www.honda.co.jp/N-VAN-e/

構成/土屋嘉久

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。