小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

日本の自動車市場からフラッグシップセダンが減っている理由

2024.06.29

 フラッグシップカーは、そのメーカーの顔とも言うべきクルマ。だから、欧米の自動車メーカーは最新技術や先端技術を導入して開発を続けている。そこには、売れるとか売れないとかではなく、自社のクルマ造りに対する誇りが詰まっている。

 ところが、日本のメーカーは誇りより実利を重視する。売れなければ、フラッグシップカーでも、簡単に生産中止を決めてしまう。最近では、マツダが唯一の4ドアセダンとして販売していた『Mazda6』の生産を中止。カタログから落としてしまった。おそらく、同社の大型SUV『CX-80』がフラッグシップカーになるのだろう。三菱自動車も以前は『ディグニティ』『プラウディア』の2車種をフラッグシップカーとして販売していたが、販売不振で生産をやめてしまった。日産にも以前『プレジデント』や『シーマ』『フーガ』があったが、これも消えてしまった。現在は『スカイライン』が残っているが久しく新型車は出ていない。売れなくても自社のアイデンティティーを示すセダンを造り続けてもらいたい。

レクサス『LS500』

1094万円レクサス『LS500』

日産『スカイライン』

456万9400円日産『スカイライン』

取材・文/石川真禧照

※本記事内に記載されている商品やサービスの価格は2024年4月30日時点のもので変更になる場合があります。ご了承ください。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。