小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

学生の4割超、教職員の3割が「ChatGPT」を利用、全体の利用率は15%前後

2024.06.17

2022年11月30日に提供が開始されて約1年半。OpenAI社のAIチャットボット「ChatGPT」は、今やビジネスをはじめとした様々な分野で実装されている。

では実際のところ、どれくらいの人が同AIサービスを認知・利用しているのだろうか?

NTTドコモのモバイル社会研究所はこのほど、全国の15~79歳男女を対象に「生成AI(ChatGPT)の認知と利用」に関する実態調査を実施し、6440の有効回答を得た。詳細は以下の通り。

1. ChatGPT、「聞いたことはある」は約半数、利用率は15%

ChatGPTを「よく利用している・利用したことがある」と回答した人は合計で約15%となった。また「聞いたことはある」という人も約半数いて、認知率(「よく利用している」「利用したことがある」含む)としては6割を超えていた(図1)。

図1. 生成AIサービス認知率・利用率調査
[調査対象:全国・15~79歳男女・n=6440・2%以下は表記略]

2. どの世代でも男性のほうが女性よりもChatGPTを利用、10代男性は5割超が利用

性年代別にChatGPTの利用と認知を調査した。どの世代でも男性のほうが女性よりもChatGPTを利用していることが明らかになった。10代男性は「よく利用している」「利用したことがある」で5割を超えていた。20代男性は「よく利用している」「利用したことがある」で約4割となった。若年層ほどChatGPTを利用している。

男性は30~70代までChatGPTを「聞いたことはある」と回答した人が5~6割となった。女性も70代で約3割、60代で約4割、50代で約5割がChatGPTを「聞いたことはある」と回答しており、幅広い世代にChatGPTの認知が広がっていることが伺えた。

図2. 性年代別 ChatGPTの認知と利用
[調査対象:全国・15~79歳男女・n=6440・2%以下は表記略] 

3. 学生の4割超、教職員の約3割がChatGPTを利用

職業別にChatGPTの利用と認知を調査した。学生の4割超がChatGPTを利用していた。生成AIを学校授業で活用することに小中学生の親の約4割が賛成と回答していたが、教職員の約3割もChatGPTを利用していた。会社員、公務員、自営業は約2割の方がChatGPTを利用していた(図3)。

図3. 職業別 ChatGPTの認知と利用
[調査対象:全国・15~79歳男女・n=6440・2%以下は表記略] 

<調査概要 ―「2024年一般向けモバイル動向調査」―>
調査方法:WEB
調査対象:全国・15~79歳男女
有効回答数:6440
サンプリング:QUOTA SAMPLING、性別・年齢(5歳刻み)・都道府県のセグメントで日本の人口分布に比例して割付
調査時期:2024年1月

出典:NTTドコモ モバイル社会研究所

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。