小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

キヤノンが「Apple Vision Pro」の空間ビデオ機能に対応した3D映像撮影用のRFレンズ「RF-S7.8mm F4 STM DUAL」を開発

2024.06.19

キヤノンは、「EOS VR SYSTEM」として、3D映像撮影用のRFレンズ「RF-S7.8mm F4 STM DUAL」の開発を進めていることを発表した。

↑RF-S7.8mm F4 STM DUAL

AF機構を搭載することで、一般的なRFレンズと同様の操作感で高速・高精度なAFを実現!

キヤノンは、2021年に3D・VR映像撮影システム「EOS VR SYSTEM」を立ち上げ、エンターテイメントや観光、教育など幅広い分野におけるVR映像制作のニーズに応えてきた。そして、今回、近年、急速に市場が拡大しているXR市場において、手軽に3D映像撮影を楽しみたいユーザーのニーズに応えるため開発を進めているAPS-Cサイズカメラ対応のRFレンズ「RF-S7.8mm F4 STM DUAL」を開発、2024年内の発売を目指している。

同レンズは、人間の有効視野に近い約60度(※1)の画角により、日常のさまざまなシーンを自然な画角で撮影することが可能なうえ、AF機構を搭載することで、一般的なRFレンズと同様の操作感で高速・高精度なAFを実現し、初心者でも手軽に3D映像の撮影を楽しむことができる。

また、同レンズは、Apple社製品以外で初めて(※2)「空間ビデオ」に対応するApple社認定の入力機器となる。「空間ビデオ」は、空間コンピューター「Apple Vision Pro」で視聴できる3D映像のことで、「RF-S7.8mm F4 STM DUAL」と同レンズに対応するカメラ(※3)「EOS R7」(2022年6月発売)で撮影した映像をアプリ「EOS VR Utility」(※4)で「空間ビデオ」の映像フォーマットに変換することにより、「Apple Vision Pro」で「空間ビデオ」の視聴が可能となる。

キヤノンは、今後もApple社との連携により「EOS VR SYSTEM」をより一層強化し、2D映像とは異なる表現領域を求めて3D映像制作に挑戦するユーザーの創作ニーズに応え、3D・VR映像文化の醸成に貢献していくとしている。

↑「EOS R7」装着イメージ

↑「空間ビデオ」イメージ

※1 35mm判換算で焦点距離35mm相当。
※2 2024年6月10日現在。
※3 「RF-S7.8mm F4 STM DUAL」発売時点での対応カメラは「EOS R7」(2022年6月発売)のみ。発売同時期に公開予定のファームウェアの適用が必要。
※4 macOSに対応。一部のサービスは有償。

関連情報
https://personal.canon.jp/product/camera

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。