小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

発売は6月28日、価格は59万9800円から!いよいよ日本で発売される「Apple Vision Pro」で何ができる?

2024.06.15

Appleは、XRヘッドセット「Apple Vision Pro」を日本で2024年6月28日に販売開始すると発表した。

今秋にはOSも初アップデート!

「Apple Vision Pro」は、昨年6月に開催された「WWDC23」で発表された、Apple初のXRヘッドセット。革新的なオペレーティングシステム「visionOS」や、micro-OLEDテクノロジーを採用した超高解像度のディスプレイシステムを搭載した点や、直感的な空間ユーザーインターフェイスを採用した点が特徴で、同社では「デジタルコンテンツを現実の世界とシームレスに融合して、人々の働き方、共同作業、つながり、思い出の追体験、エンターテインメントの楽しみ方などを変革するパワフルな空間体験を提供する」とアピールしている。

そんな、「Apple Vision Pro」が、米国に続き、日本を含む8カ国でも発売されることが決定。日本、中国本土、香港、シンガポールでは6月14日に予約注文の受付が開始され、6月28日に販売がスタート。オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、英国では6月28日から予約注文が可能となり、7月12日から販売が開始される。

あわせて、「Apple Vision Pro」に搭載しているオペレーションシステム「visionOS」のアップデート版「visionOS 2」を今秋にリリースする予定であることも発表。Appleでは、「visionOS 2により、写真を3Dの思い出に変換するパワフルな方法、ホームビューと重要な情報に一目で簡単にアクセスできる直感的な手のジェスチャー、Mac仮想ディスプレイ、トラベルモード、ゲストユーザーの新機能、マインドフルネス、Safari、Apple TVアプリの機能強化など、空間コンピューティングとの関わり方が広がるさらに多くの機能を使えるようになる」と説明している。

なお、発売時点では「visionOS 1.2」を搭載。「visionOS 2」は、無料のソフトウェアアップデートとして、「Apple Vision Pro」のユーザーに提供される。

また、今月中に、世界中のデベロッパが「Apple Vision Pro」で使える新しいアプリとゲームを公開する予定で、日本向けとしてはLIFULL、U-NEXT、日本経済新聞社、Yahoo! JAPANなどのアプリが登場するとのこと。さらに、Microsoft 365のアプリのようなグローバルな生産性ツール、Disney+のようなエンターテインメントサービスなどが、発売時にこれらの多くの国と地域で利用できるようになるという。

「Apple Vision Pro」の価格は256GB版が599,800円、512GB版が634,800円、1TB版が669,800円。このほか、視力矯正用レンズ「ZEISS Optical Inserts―Readers」(16,800円)、「ZEISS Optical Inserts―Prescription」(24,800円)や、延長保証サービス「AppleCare+ for Apple Vision Pro」(89,800円)も用意する。

製品情報
https://www.apple.com/jp/apple-vision-pro/

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。