小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

97型で400万円のモデルも登場!LGが新型の有機ELテレビ、液晶テレビ、サウンドバーを発表

2024.06.13

LGエレクトロニクスから2024年有機ELテレビ、液晶テレビのラインアップと新型サウンドバーが発表された。本稿では同社リリースを元に、その概要をお伝えする。

国内最大となる97型を400万円超の価格で投入:有機ELテレビ

2024年は、4Kの「OLED G4」「OLED C4」「OLED B4」の全3シリーズ15モデルを展開。

中でも、フラッグシップシリーズとなる「OLED G4」シリーズは、有機ELテレビでは国内最大となる97インチから、83、77、65、55インチという、全5サイズの豊富なラインアップが用意された。

壁に密着させて設置ができるほか、圧迫感のないすっきりした印象でインテリア性も抜群な「One Wall Design」を採用。画面の角度や高さ調整が可能で見やすさを改善したスタンドを、インチによって選べるなど、設置性の高さにもこだわった。

また、独自のAIテクノロジーによって、同社史上最高輝度となる、最大150%の輝度向上に成功。さらなる明るさを実現し、斜めから見たときにもより見やすくなったという。

3シリーズとも、AI映像技術が進化しており、「AIスーパーアップスケーリング」機能では、低解像度の映像を高精細な8K/4K画質に変換。世界中のさまざまな映像データを学習したAIが、映像の解像度や画質を判別し、より正確なノイズ除去を行なう。

サウンドにおいても、「AIサウンドプロ」がさらに進化し、BGMや環境音と音声をAIが分離させてリマスタリングし、音声をクリアで歯切れよくすることで、さらに聞きとりやすくする「AIボイスリマスタリング」機能などを搭載している。

■製品ラインアップ

関連情報
https://www.lg.com/jp/tvs-soundbars/oled/

量子ドットMiniLED液晶搭載モデルなど4シリーズを展開:4K液晶テレビ

2024年のLGの液晶テレビは、量子ドットMiniLED液晶の「LG QNED MiniLED」と、量子ドット液晶の「LG QNED」、直下型液晶の「LG UHD TV」を採用した計4シリーズを展開。43インチから86インチまでの幅広いサイズをラインアップしている。

注目は最上位シリーズとなる「QNED90T」。「LG QNED MiniLED」を採用して、MiniLEDバックライトには量子ドットテクノロジーとナノセルカラーテクノロジーを組み合わせることにより、従来の液晶テレビを飛躍的に進化させた。

より明るく、より深い黒を再現するとともに、鮮やかな色の表現力が進化しており、同社では「まさに液晶テレビの頂点ともいえる、まったく新しい視聴体験が身近になりました」と説明している。

さらに4シリーズとも、「AIスーパーアップスケーリング」機能を搭載。世界中のさまざまな映像データを学習した AIが、低解像度の映像であっても高精細な4K画質に変換。映像の解像度や画質を判別し、より正確なノイズ除去を実行する。

サウンドにおいても、2024年モデルはすべて9.1.2chの「バーチャルサウンド」に対応。2chのオーディオも部屋に合わせて音場を調整することで、臨場感あふれるバーチャルの立体的なサウンドに変換して、より空間的なサラウンド効果を提供する。

■製品ラインアップ

関連情報
https://www.lg.com/jp/tvs-soundbars/lcd-tvs/

LGのテレビ製品の魅力を最大限に引き出す:サウンドバー「SG10TY」

今回発売される「SG10TY」は、デザインも音響パフォーマンスも最上位のサウンドバーとして、まるで一枚の絵画を連想させる「One Wall Design」を採用。

同社の有機ELテレビ「OLED G」シリーズと接続することで、巧みにテレビを引き立てるスタイリッシュデザインとなっており、インテリアのように設置が可能だという。

サウンド面においても、最大出力420W3.1chサウンドで「Dolby Atmos」と「DTS:X」に対応。自宅で映画館クラスの高品質サウンドを楽しめる。

また、同社のテレビのスピーカーとサウンドバー両方を使用する画期的なサラウンドシステム「WOW Orchestra」を搭載。

LGのテレビに接続するとwebOSのメニューにサウンドバーの設定項目が追加され、テレビのリモコンから各種調整が可能な「WOW Interface」や、ワイヤレス接続でHDMIケーブルも不要な「WOWCAST Ready」などにも対応している。

関連情報
https://www.lg.com/jp/

構成/清水眞希

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。