小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ティアックからディスクリートDACを搭載した小型USB DAC/プリ/ヘッドフォンアンプ「UD-507」が登場

2024.06.11

ティアックは同社が展開するプレミアムコンパクトオーディオ<Reference 500>シリーズの新製品として、USB DAC/プリアンプ/ヘッドホンアンプ「UD-507」を2024年6月29日より発売を開始する。価格は32万7800円(税込)。

本体サイズは幅290×高さ85×奥行き249mm(突起部を含む)。質量は4.9kg。本体カラーはシルバー、ブラック。スペック詳細はこちらから(https://teac.jp/jp/product/ud-507/spec)。

「UD-507」の主な特徴は以下のとおり。

高い音楽性を実現した自社製ディスクリートDACを搭載

音楽性を最優先に設計した自社製のディスクリートDAC「TRDD 5」を搭載。TEACが求めていたサウンドの到達点とも言える700シリーズ譲りのディスクリートDACだからこそ実現できる澄み渡る音場と、実在感溢れる音像を再現していく。

■フルバランス・デュアルモノーラル・ヘッドホンアンプ

ヘッドホンアンプには強力な電流供給能力を誇るハイカレント・ラインドライバー「TEAC-HCLD2」を使用。回路のポテンシャルをさらに引きだすため電源部を強化し、最大出力を大幅に向上させた。

さらにDAC非搭載の単体ヘッドホンアンプに見劣りしない、1200mW+1200mW (バランス出力、100 Ω負荷時)という余裕のある駆動力を実現している。

またアンプ出力の低インピーダンス化を図り、LOW/MID/HIGHの3種類のゲイン切り替え機能を搭載。ヘッドホンの感度やインピーダンスに合わせて、最適な出力にチューニングできる。

■上位モデルに引けをとらない高品位かつ拡張性の高いプリアンプ

高精度なアナログボリュームアッテネーター「TEAC-QVCS」と電流伝送強化型ラインバッファー回路「TEAC-HCLD2」回路を採用。デジタル5系統、アナログ入力もアンバランスとバランスの2系統を備えるなど、高い拡張性を備えている。

■そのほかの注目ポイント

・優れたチャンネルセパレーションを実現する全段デュアルモノーラル、フルバランス回路構成
・USB DACとしてDSD22.5MHz、PCM 384kHz/32bitの再生が可能
・デジタル5系統(USB Type-B(Rear)、USB Type-C(Front)、COAXIAL、OPTICAL、Bluetooth)、アナログ2系統(RCA、XLR)の豊富な入力端子を装備したプリアンプ機能
・ヘッドホン出力端子には、バランス駆動/アクティブグランド駆動が切替可能なXLR 4 ピンとPentaconn 端子に加え6.3mmステレオホン標準端子を装備
・Bluetoothを除くすべてのデジタル入力に対応するMQAフルデコーダー機能を搭載
・「RDOT-NEO」による2xFs/4xFs/8xFsへのアップコンバート機能
・LDAC、aptX HD、LHDCなど高音質コーデックに対応したBluetoothレシーバー

関連情報
https://teac.jp/jp/product/ud-507/

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。