小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ロボット開発の大手各社がAI対応自律マシンやロボットの研究開発にNVIDIAのIsaacロボティクス プラットフォームを採用

2024.06.06

自律型ロボット アームやヒューマノイドなどにNVIDIA Isaac ロボティクス プラットフォームを活用

NVIDIAは2024年6月2日、台湾・台北市の COMPUTEXにおいて、ロボット開発の世界的リーダー企業が、次世代の AI 対応自律マシンおよびロボットの研究、開発、生産に NVIDIA Isaac ロボティクス プラットフォームを採用すると発表した。

同社発表リリースを元に、その概要をお伝えする。

BYD Electronics、Siemens、Teradyne Robotics、および Alphabet傘下のIntrinsic は、NVIDIA Isaacアクセラレーテッド ライブラリ、物理ベースのシミュレーション、AI モデルを自社のソフトウェア フレームワークやロボット モデルに統合し、工場、倉庫、配送センターを非常に効率的で安全なものにし、反復作業や超精密作業のためのインテリジェント アシスタントとして機能させている、世界的なロボット業界のリーダー企業の一部だ。

NVIDIA の創業者/CEO であるジェンスン フアン氏は次のように述べている。

「ロボットの時代が到来しました。動くものはすべて、いつかは自律的になるでしょう。私たちは、シミュレーション アプリケーション用の Omniverse、Project GR00T ヒューマノイド基盤モデル、Jetson Thor ロボティクス コンピューターなど、NVIDIA ロボティクス スタックを進化させることで、生成物理AIの加速に取り組んでいます」

Isaac プラットフォームには、ロボット メーカーが自社のテクノロジ スタックに統合できる一連の NVIDIAアクセラレーテッド ライブラリ、AI基盤モデル、シミュレーション テクノロジが搭載されている。

· NVIDIA Isaac ROS(https://developer.nvidia.com/isaac/ros) — ROSコミュニティ開発者に NVIDIAアクセラレーションとAIモデルを提供するモジュール式 ROS 2パッケージのコレクション。
· NVIDIA Isaac Perceptor (https://developer.nvidia.com/isaac/perceptor)— 本日提供開始されたIsaac ROS上に構築されたリファレンス ワークフロー。AIベースの自律移動ロボットにマルチカメラの3Dサラウンド ビジョン機能を提供。
· NVIDIA Isaac Manipulator(https://developer.nvidia.com/isaac/manipulator) — 本日提供開始された、Isaac ROS上に構築されたリファレンス ワークフロー。環境をシームレスに認識、理解、対話できるAI対応ロボット アーム (マニピュレーター) の開発を簡素化。
· NVIDIA Isaac Sim(https://developer.nvidia.com/isaac/sim) — NVIDIA Omniverse (https://www.nvidia.com/ja-jp/omniverse/)プラットフォームに基づいて、物理ベースの環境でロボットをシミュレーション、テスト、検証し、合成データを生成するためのリファレンス アプリケーション。
· NVIDIA Isaac Lab — AIロボット基盤モデルのトレーニングのための強化学習、模倣学習、転移学習に最適化されたIsaac Simのリファレンス アプリケーション。

Isaac エコシステムが急速に拡大

アジア、ヨーロッパ、北米のロボティクスおよび自律マシン開発のリーダーが、NVIDIA Isaacを早期採用している。

例えば産業オートメーション ソフトウェアおよびシステムの世界的リーダーであるSiemensは、強力なソフトウェア イン ザ ループ機能のために NVIDIA Isaac Sim を使用している。

Isaacテクノロジは、SIMATIC Robot PickAI (PRO) や SIMATIC Robot Pack AIなどの高度なロボティクス スキルのSiemensの開発とテストを加速させている。

AI ビジョン ソフトウェアは、AI駆動の認知機能を提供し、産業用ロボット システムが、ユーザーによるAIの事前トレーニングなしで、任意のアイテムを自律的かつ確実にピックアップして梱包できるようにする。

Siemensは、産業グレードのAI を提供し、自動化ソリューションとシームレスに統合し、NVIDIAを搭載した Siemens 産業用 PC 基盤に展開するときに使いやすくすることで、ロボティクスの最前線にAIを推し進め、産業用ロボットのエコシステムにビジョン AIを提供している。

2022年後半にOpen Source Robotics Corporationを買収した AlphabetのソフトウェアおよびAI ロボティクス子会社であるIntrinsicは、ロボットに依存しないソフトウェア プラットフォームで Isaac Manipulator (https://blogs.nvidia.co.jp/2024/05/20/alphabet-intrinsic-robotics-isaac-manipulator/)のテストに成功した。

Intrinsic は、Manipulatorを使用して、グリッパー、環境、およびオブジェクト全体で機能するスケーラブルで広く適用可能なロボット把持スキルの可能性を実証した。

BYDグループは、エレクトロニクス、自動車、新エネルギー、鉄道輸送など、4 つの主要産業において世界中で強力な製造拠点を持っている。その子会社である BYD Electronics (BYDE) は、ハイテクで革新的な製品を提供する世界有数の企業であり、NVIDIA Isaac SimとIsaac Perceptorを使用して、工場に完全な物流ソリューションを提供する様々な自律移動ロボットを開発している。

Teradyne Robotics の傘下企業である Universal Robots (UR) と Mobile Industrial Robots (MiR) は、AIをオートメーションに統合するためにNVIDIA Isaacを使用している。

UR は、Isaac Manipulator を PolyScope X ソフトウェア プラットフォームに統合して、新しいコボット ソリューションの開発に取り組んでいる。

MiR は、Isaac Simを活用して合成データを生成し、MiR1200 Pallet Jack をシミュレートして実世界の展開に備えている。

NVIDIA Isaacプラットフォームはモジュール式で、企業は個別のテクノロジまたは複数のテクノロジを組み合わせて採用することも可能だ。

高度な知覚ベースの自律移動ロボットの開発にIsaac Perceptorを活用している企業には、ArcBest、BYD Electronics、Gideon、idealworks、RGo Roboticsなどがある。

AIベースのロボット アームの構築にIsaac Manipulatorを活用している企業には、Solomon、Techman Robot、Vention、安川電機などがある。

Hexagon、Husqvarna Group、MathWorks など、100 社を超える企業がロボティクス アプリケーションのシミュレーション、テスト、検証にNVIDIA Isaac Sim を採用しているほか、Isaac Labは、Agility、Boston Dynamics、Figure AI、Fourier Intelligence、Sanctuary AIで採用されている。

■Computex でロボティクスのイノベーションが実践中

フアン氏は COMPUTEX における自身の基調講演で、輸送、ヘルスケア、工業生産で使用されるロボットのデモを行なった。

あるデモでは、世界最大の電子機器メーカーである Foxconnが、NVIDIA Isaacをベースに NVIDIAのロボティクス パートナーが開発した AI ロボット フリートをフィーチャーした、NVIDIA Omniverseで完全にシミュレートされた自律型工場を披露した。

関連情報
https://www.nvidia.com/ja-jp/

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。