小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

シリーズ初の電動化&全輪駆動モデルが登場!歴代最速の加速性能を誇るシボレーのハイパフォーマンススポーツ「コルベット E-RAY」を発表

2024.06.06

ゼネラルモーターズ(GM)ジャパンは、米国を代表するハイパフォーマンス・スポーツカー「シボレー コルベット」史上初の電動化&全輪駆動モデル「コルベット E-Ray(イーレイ)」を2024年6月1日に発表した。なお、予約注文受付は2024年6月7日(金)から開始するとしている。

今回、初代コルベット(C1)のデビューから70年以上の歴史を持つシボレー コルベットに、新たに革新的なモデルが加わった。このシボレー「コルベット E-Ray」は、162PSのパワーを誇るモーターがフロントアクスルを、502PSの6.2L自然吸気V型8気筒エンジンがリアアクスルを駆動する「eAWD(電動化による全輪駆動)」を搭載。

内燃機関のパワーと、高い応答性を持つモーターを緻密に制御することで、両者のメリットを高次元で融合。時速60マイル(約96km/h)到達までわずか2.5秒というコルベット歴代最速の加速力と、システム総合最大出力664PSものかつてない卓越したパフォーマンスを実現した。「コルベット E-Ray」は、今後のアメリカンスポーツカーの新しい方向性を示すとともに、究極のグランドツアラーとしてその存在感を放つことになる。

あらゆるシーンで最高のパフォーマンスを発揮

シボレー「コルベット E-Ray」は、モーターがフロントアクスルを、V8エンジンがリアアクスルを駆動する画期的な駆動システムである「eAWD」を搭載している。

センタートンネルには1.9kWhの駆動用リチウムイオンバッテリーが配置され、最大出力162PSと最大トルク125Nmを発揮するフロントモーターに電力を供給する。一方、リアアクスルはミッドシップにレイアウトされた自然吸気6.2リッターOHV V型8気筒「LT2」エンジンが、ハイパワー、低中回転域からの力強いトルク、特有のエンジンサウンドを生み出す。コルベットの伝統を継承すると同時に、システムのコンパクト化にも成功し、荷室スペースを犠牲にすることなくパワフルかつ高効率な電動化を図っている。

「eAWD」がもたらす革新的かつ唯一無二のパワートレインは、エンジンとモーターが互いを補完しあうことで卓越したトラクションを発揮。ユニークな特長として、エンジンとモーターには機械的な繋がりは一切なく、それらを緻密に制御することで抜群の安定感とドライバビリティを提供するとともに、コルベット史上最速の加速力を実現している。アメリカンスポーツカーならではの魅力であるハイパワー自然吸気V8エンジンのダイレクト感を味わえる、全く新しいスタイルの電動化されたコルベットが誕生した。天候や道路条件に左右されることなく、あらゆるシーンで最高のドライビング体験が可能に。

さらに1.9kWhの容量を持つ駆動用リチウムイオンバッテリーは、プラグインハイブリッドのような外部給電式ではなく、エンジンが稼働した状態で時速26km以上での走行時や減速時にフロントモーターを使用して充電される。また巡航時などモーターがアシストすることで、より多くの場面でアクティブ フューエル マネジメント (4気筒モード)の使用を拡大。燃料消費を抑えつつ、必要な時には瞬時に4輪全てのタイヤで加速する。

また「eAWD」システムは、路面状況、車速、ステアリングの角度を常に計測し、フロントアクスルとリアアクスルの動力配分を瞬時に最適化。これにより車両の安定性を高め、ワインディングの連続するコーナリングや、悪天候、滑りやすい路面など、あらゆる状況下で優れた操作性とパフォーマンスを発揮する。

そしてさまざまなシーンで理想のドライビングを実現する、ツアー/ウェザー/スポーツ/レーストラック/マイモード/Zモード/ステルス/シャトルの8つの専用ドライブモードを搭載。

このうち「ステルスモード」を選べば、電気モーターのみの駆動が可能。住宅街や早朝など静かに走行したい場合に効果を発揮する。上限速度は、時速約72km/h、最大航続可能距離は約4.8~6.4km。上限速度を超えたり、アクセルを強く踏み込んだりした場合は自動的にエンジンが始動する。

なお、センタースクリーンに配置されたインフォテインメント内の専用装備「E-RayパフォーマンスApp」が、走行中のモーターとエンジンの動きなどのパフォーマンスデータをリアルタイムで表示。ドライビング中のあらゆる挙動をコックピットからモニタリングが可能となっている。

足まわりでは、日本仕様はミシュランのパイロットスポーツ4 Sサマータイヤと、E-Ray専用チューンのマグネティック セレクティブ ライドコントロール付きZERパフォーマンスサスペンションを組み合わせた「ZERパフォーマンスパッケージ」を標準装備し、ハンドリングとグリップ力を飛躍的に向上させている。さらに、対フェード性の向上とバネ下重量を大幅に軽減する、ダークグレーメタリックキャリパー&カーボンセラミックブレーキが、専用サスペンションとともに優れた安全性とドライバビリティだけでなく、高い快適性をサポートする。

また、歩行者と自転車にも対応したフロントオートマチックエマージェンシーブレーキや、レーンキープアシストおよびレーンディパーチャーウォーニングといった車線維持支援システムなど、GMが誇る先進の安全装備を搭載することで、より安全かつ快適なドライブを実現。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。