小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ハイレゾワイヤレスに対応!JBLが高性能ノイズキャンセリング機能を搭載したTWSイヤホン「LIVE BEAM 3」を発売

2024.06.06

ハーマンインターナショナルは、同社が展開する世界最大級のオーディオブランド「JBL」より、ハイレゾワイヤレス対応ハイブリッドノイズキャンセリング搭載の完全ワイヤレスイヤホン「LIVE BEAM 3」を2024年6月7日より発売を開始する。

価格はオープン価格。JBLオンラインストア販売価格は2万8050円(税込)。その主な特徴は以下のとおり。

JBLシグネチャーサウンドを実現する高性能10mm径ダイナミックドライバー搭載

音の根幹を担うユニットには、剛性と耐久性に優れた新素材樹脂「PEEK(ポリエーテルエーテルケトン)」+PUを振動板に採用した高性能10mm径ダイナミックドライバーを搭載。

伝統のJBLシグネチャーサウンドと称される、力強い低音とクリアで伸びやかな中高音域で音楽はもちろん、動画、ゲームに至るまで幅広く楽しめる。

■ブランド初となるハイレゾワイヤレスに対応

ブランドが展開する完全ワイヤレスイヤホンでは初となる、Bluetoothオーディオコーデック「LDAC」に対応。対応したデバイスと接続すれば、より高音質なサウンドを体感できる。

■ブランド史上最高クラスの進化したノイズキャンセリング機能

ハイブリッド式ノイズキャンセリング機能に加え、リアルタイムで周囲のノイズ成分を監視して、ノイズキャンセリングをかける周波数帯とその度合いを調整する「リアルタイム補正」機能を搭載。

さらに、進化した計6つの高性能マイクにより、外から入ってくる耳内の騒音レベルを緻密に検出。13バンドのイコライザーを使用することで中音域と低音域のノイズ遮断性能を高めた。

■進化したスマートタッチディスプレイ搭載の充電ケース

フラッグシップモデル「TOUR PRO 2」で初搭載したスマートタッチディスプレイを「LIVE BEAM 3」にも搭載。新たに、操作画面が日本語に対応したほか、ケースを開いた状態でもメニューの操作が可能になった。

専用アプリ「JBL Headphones」では、オリジナル壁紙を追加・選択することができるため、家族やペット、お気に入りの画像を充電ケースに表示させて自分だけの充電ケースに仕上げることもできる。

本体は「TOUR PRO 2」に比べ、体積-6%、重量-5%とコンパクトにリサイズされ、持ち運びに便利なストラップが装着可能なホールも新たに装備されている。

究極の装着性を実現するこだわりの設計

 

装着時の違和感や痛みなど、完全ワイヤレスイヤホンならではの課題を解決する、ブランド独自の「ショートスティック型」デザインを継承。

複雑な三次元形状からなる耳を密閉するための形状と融合したような「ハイブリッドデザイン」を踏襲することで、外から覆うような自然な密閉感で、理想的な装着環境を実現している。

また、よりフィット感を高めるために開発された、人間工学に基づく外耳道の形状に合わせた「デュアルオーバルシェイプデザイン」が、物理的に耳を塞ぎノイズを遮断するパッシブノイズキャンセリングの向上や、音質およびアクティブノイズキャンセリングの向上など、多くのメリットももたらしている。

さらに形状設計やアプリ機能の向上、新ソフトの開発により、あらゆる型の耳で最高のフィット感を提供していく、と同社では説明している。

■日常使いに特化した充実の機能

音楽や映画視聴以外にも用途が多様化している中、日常生活のあらゆるシーンで快適に使えるように各種の機能を搭載。

新たに独自開発した「アダプティブEQ」では、高音域と低音域を増強することで、小音量時でもバランスの良い音質で再現性の高いパーフォーマンスを実現したり、甘い装着や頭の動きなどが原因による音漏れを察知。低音域のロスを自動的に検出して補正することで、常にパワフルなサウンドを維持することができる。

また、オンライン会議などが主流になる中、高度な通話設定によりスムーズな会話が可能になるほか、相手の声量に合わせて自動で音量を調整する機能も搭載。

波の音や焚火音など5つの環境音を選択してBGMとして設定することも可能で、自然の音に包まれてゆっくり静かに過ごしたい時に最適な機能となっている。

JBL LIVE BEAM 3の主な仕様

タイプ /リアルタイム補正機能付ハイブリッドノイズキャンセリング搭載完全ワイヤレスイヤホン
カラー /全4色(ブラック・シルバー・ブルー・パープル)
Bluetooth /バージョン5.3(LE Audio対応予定)
ノイズキャンセリング /リアルタイム補正機能付きハイブリッド
外音取り込み機能 /○
ハイレゾ対応 /○
対応プロファイル /A2DP V1.4、AVRCP V1.6.2、HFP V1.8
使用ユニット /10mm径ダイナミックドライバー
周波数特性 /20Hz〜40kHz
対応コーデック /SBC、AAC、LDAC、LC3(対応予定)
防水等級 /イヤホン本体:IP55、充電ケース:IPX2
重量 /イヤホン本体:各5g、充電ケース:48.4g
連続使用時間/
<Bluetooth接続>
・ANCオフ時:約48時間(イヤホン本体 約12時間再生+充電ケース使用 約36時間)
・ANCオン時:約40時間(イヤホン本体 約10時間再生+充電ケース使用 約30時間)
<LDAC接続>
・ANCオフ時:約36時間(イヤホン本体 約9時間再生+充電ケース使用 約27時間)
・ANCオン時:約24時間(イヤホン本体 約6時間再生+充電ケース使用 約18時間)
※充電・再生時間は使用環境により異なります。
※急速充電対応(10分の充電で約4時間再生可能)
マルチポイント/○
Dual Connect(片側使用)/○
イコライザー/○
パーソナライゼーション/Personi-Fi 3.0
スマート充電ケース/○
付属品:/充電用 USB Type-Cケーブル、イヤチップ4サイズ ※Mサイズ装着済み
発売日/2024年6月7日
価格/オープン価格  JBLオンラインストア販売価格:2万8050円(税込)

関連情報
https://jp.jbl.com/LIVEBEAM3.html

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。