小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

独身男性が急に恋人との連絡を断つ理由、3位仕事や趣味が忙しい、2位相手の気持ちが重い、1位は?

2024.06.02

彼氏に連絡を断たれた後にとった行動、1位は「何度か連絡して諦めた」

「変だな?」と感じるまでの期間には個人差があるものの、いつかは「連絡が断たれた」と気が付くもの。「連絡が断たれた」経験がある女性158人に、気付いたときに取った行動を聞いた。

音信不通になってしまった恋人に対し、もっとも多くの女性が取った行動は「何度か電話やLINEなどの連絡を試みたが、最終的に諦めた」であった。

・1日に数回こちらからLINEしたが返信がなく。念の為に通話もしたが出ない。スタンプをプレゼントできるか試したところ送れず、ブロックされてることに気付いた。その数日後にLINEから相手がいなくなったが他の連絡先も聞いてなかったので諦めた。(32歳・沖縄)

・前日までは普通だったので、最初は事故や病気なのかと不安に思ったが、共通の友達から彼に連絡をとってもらったら、その人には即返信があったので、私に意図的に返信してないとわかり諦めた。(38歳・愛知)

・私はSNSはやっていないと伝えてあったのですが、内緒でこっそり始めると彼のInstagramのストーリーは更新されており、何やらお家時間をまったり楽しんでいるご様子でした。終わりだなと思いました。(28歳・東京)

・何度も何度もLINEを送り続けた。でも次第に悲しさがMAXとなり、自分の健康を優先するために諦めた。(34歳・千葉)

なんとか連絡を取りたいとLINEや電話をするも相手からは反応がないため、仕方なく諦めた様子が窺えた。少数だが、突撃とまではいかなくとも、「そっと家や職場を見に行った」人も。

・事故などがあったのかもしれないと思い、彼の実家に行きました。インターホンは押さず、バイクがあるかを見て普通に生活していることを確認しました。ということは、意図的にブロックされてしまったのか…とわかりました。(27歳・神奈川)

・何度か連絡入れても反応がなかったので、入院でもしたのかと家の様子を見に行ったら普通に過ごしているようだった。聞くのは怖くて、そのままこちらも連絡を取らずにいたら自然消滅した。(38歳・三重)

連絡が取れないのはもしかすると事故や病気ではないかと心配し、そっと家や職場を尋ねるも、普通に過ごす彼の様子を見て悟り、そっと諦めたという。なんとも悲しい終わり方だ。

一方で「何度か連絡をするうちに、彼氏から連絡が来た」人も。「彼氏から連絡が来た」場合の結末には、連絡ののちに彼氏から別れ話を切り出されるケース、もうひとつは何かしらの事情があって連絡が取れなかった2つのケースがみられた。

「急に連絡を断った」経験がある男性に聞いた理由1位は「連絡するのが面倒」

今回、独身男性128人に「恋人に対して急に連絡を断った経験があるかどうか」尋ねてみると、52.3%の男性が「経験あり」と回答した。

そこで、恋人との連絡を急に断った経験がある男性67人に、連絡を断った理由を聞いてみると次のような結果に。

恋人との連絡を断った理由のうち、もっとも多かったのは67人中12人が回答した「連絡するのが面倒になった」であった。

・男友達と遊んでたほうが楽しかったので、遊んでる最中に連絡がくるのが嫌だったし面倒になった。(32歳・福岡)

・嫌いになったわけではないが、連絡するのが面倒になって気づいたら3~4日返信するのを忘れていました。(23歳・富山)

・連絡するより優先度が高いことで頭がいっぱいなり、連絡することが面倒くさくなりました。(30歳・大阪)

他に好きな人ができたり、彼女のことを嫌いになったわけではないものの、彼女よりも優先したいことがあったりすると、彼女への連絡が後回しになったり面倒と感じたりするようだ。

2位は「相手の気持ちが重くなった」で10人が回答していた。

・交際したばかりの時はよかったのですが、2年経って束縛がどんどんひどくなり、友達と飲み会やご飯に行けなくなってしまったから連絡を辞めた。(24歳・東京)

・途中から会うたびに仕事の悩みや愚痴ばかり言うようになって、相手にするのも大変になったし重くなって別れたくなった。(33歳・北海道)

ほかにも4位「ほかに好きな人ができた」「嫌いになった」6位「相手が疎ましくなった」8位「結婚のプレッシャーがしんどかった」など、さまざまな理由があがっているが、コメントを見ると多くは彼女への興味や愛情が薄れた様子の内容であった。

男性からのコメントで特に目立ったのは、連絡を断つことで「自然消滅させたかった」という声。

別れ話ではなく、あえて連絡を断つという方法を選択するのにはなにか理由があるのだろうか。「自然消滅させかった」という男性49人に詳しく聞いた。

もっとも多かったのは「会ってしまうと別れにくくなる」で14人が回答。「別れ話をするのが面倒」と答えた人も13人いた。

連絡を断って自然消滅を狙うとは、なんとも誠意がない意見にも見えるが、とはいえ会って別れ話をするにはそれなりの覚悟やパワーが必要なのも事実。つい逃げ腰になり「連絡を断つ」といった手段を選んでしまう男性も多いようだ。

最後に、過去に急に音信不通になった彼氏に対する、女性の皆さんからのひとことを紹介しよう。

・自然消滅を狙ってるのか忙しいのか、はっきりさせたほうがいい。(27歳・茨城)
・連絡を断つくらいなら、はっきり別れを言ってくれたほうがいい!優しさでもなんでもない。(28歳・福島)
・たった一言を言ってくれないだけで、期待したり次のチャンスを逃す可能性があるので責任持って振ってください。(28歳・東京)
・連絡取らないまま自然消滅狙うのは卑怯。(38歳・三重)
・不誠実でダサい行動。(29歳・神奈川)

調査概要
調査方法:インターネットアンケート
調査対象:18歳~49歳の未婚男女
アンケート母数:男性128名・女性252名(合計380名)
実施日:2024年4月22日~2024年5月14日
調査実施主体:マッチングアプリ大学
調査会社:株式会社ネクストレベル

関連情報
https://jsbs2012.jp/

構成/Ara

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。