小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スバル、トヨタ、マツダが電動化時代の新たなエンジン開発を三社三様で宣言、自動車産業の未来を共創へ

2024.06.02

スバル、トヨタ、マツダの3社は、2024年05月28日、カーボンニュートラル実現に向けて、電動化に適合する新たなエンジン開発を三社三様で宣言した。新たなエンジンでは、モーターやバッテリーなどの電動ユニットとの最適な組み合わせを目指す。また、エンジンの小型化によるクルマのパッケージ革新に加え、多様なカーボンニュートラル燃料(CN燃料※1)にも対応する事で内燃機関でのカーボンニュートラルを実現するとしている。

※1:製造から使用に至る全体で、大気中へのCO2排出が実質ゼロになる燃料。水素と二酸化炭素からなる「e-fuel」や、植物などのバイオマス(生物資源)を原料とする「バイオ燃料」などがある。

写真左からSUBARU 代表取締役社長 CEO 大崎篤氏、取締役専務執行役員 CTO 藤貫哲郎氏、トヨタ自動車 代表取締役社長 CEO 佐藤恒治氏、取締役・副社長 CTO 中嶋裕樹氏、マツダ 代表取締役社長 CEO 毛籠勝弘氏、取締役専務執行役員 CTO 廣瀬一郎氏

マルチパスウェイでのカーボンニュートラルの実現

3社はこれまで、スバルは「水平対向エンジン」、トヨタは「直列4気筒エンジン」、マツダは「ロータリーエンジン」と各ブランドを象徴する個性的なエンジン開発を通じて、ユーサーの多様なライフスタイルの実現の一助を担ってきた。

そしてカーボンニュートラル実現に向けて、「敵は炭素」、「意志ある情熱と行動で選択肢を広げよう」という想いのもと、エンジンとそれを支えるサプライチェーンや雇用の未来を見据えた取り組みを続けてきた。さらにレースという極限状態の場に、液体水素エンジン車やCN燃料を搭載した車両で参戦するなど、パワートレーンや燃料の選択肢を広げる活動を進めてきた。

SUBARU 取締役専務執行役員 CTO 藤貫哲郎氏

そうした中で、カーボンニュートラル実現に向けた未来のエンジンの役割が明確になってきた。次世代のエンジンは、エンジン単体の性能向上だけではなく、電動ユニットと組み合わせることを前提に、エンジンと電動ユニットがそれぞれの得意領域で最適に機能することを目指す。

トヨタ自動車 取締役・副社長 CTO 中嶋裕樹氏

また、従来のエンジンと比べて、高効率・高出力を実現しながら小型化し、クルマのパッケージを革新させる。これにより、エンジンフードをさらに下げることができ、デザイン性と空力性能を向上させながら、燃費性能の改善にも貢献。今後厳しくなる排気規制への対応も念頭に開発を進める。

加えて、新エンジンは化石燃料から脱却し、e-fuel(合成燃料)やバイオ燃料、液体水素など多様な燃料に対応することでカーボンニュートラルを実現。これによって、新エンジンはCN燃料の普及にも貢献する。

マツダ 取締役専務執行役員 CTO 廣瀬一郎氏

3社はエンジンやクルマの「味付け」など商品づくりの分野では「競争」しながらも、マルチパスウェイでのカーボンニュートラルの実現という同じ志の下、エンジンへの想いや技能を持つ仲間とともに日本の自動車産業の未来を「共創」していくとしている。

■SUBARU 代表取締役社長・CEO 大崎篤氏のコメント

「カーボンニュートラル社会の実現は、日本の産業界・社会全体で取り組む課題です。私たちはクルマの電動化技術を磨くと共に、カーボンニュートラル燃料の活用に向けて、水平対向エンジン自身もさらに磨きをかけます。これからも志を同じくする3社で日本のクルマづくりを盛り上げてまいります」

■トヨタ 代表取締役社長・CEO 佐藤恒治氏のコメント

「カーボンニュートラルに貢献する多様な選択肢をお客様にご提供していくために、未来のエネルギー環境に寄り添ったエンジンの進化に挑戦してまいります。志を共有する3社で、切磋琢磨しながら技術を磨いてまいります」

■マツダ 代表取締役社長・CEO 毛籠勝弘氏のコメント

「3社はエンジンやクルマの「味付け」など商品づくりの分野では『競争』しながらも、マルチパスウェイでのカーボンニュートラルの実現という同じ志の下、エンジンへの想いや技能を持つ仲間とともに日本の自動車産業の未来を『共創』して参ります」

関連情報:https://global.toyota/jp/

構成/土屋嘉久

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。