小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

50歳以上の女性に聞いた「整形したい場所」TOP3、3位顔のたるみ取り/リフトアップ、2位ほうれい線を取る、1位は?

2024.06.03

「年を重ねても美しくありたい」というのは、多くの女性に共通する願望だろう。では実際のところ、50歳以上の女性たちは自身の顔や身体のどこに問題意識を感じ、美容医療(整形)を施したいと考えているのだろうか?

ハルメク 生きかた上手研究所はこのほど、50歳以上の女性(事前調査490名、本調査449名)を対象に「美容医療(整形)」に関する意識調査を実施し、その結果を発表した。

50・60代は「顔のシミ」、70代は「ほうれい線」が1位

はじめに「美容医療(整形)したい場所」について尋ねたところ、1位が「顔のシミを取る」(63.4%)となり、以下、2位「ほうれい線を取る」(61.0%)、3位「顔のたるみ取り・リフトアップ」(56.8%)、4位「眉間・額のシワを取る」(54.6%)、5位「目の下のたるみを取る」(54.2%)と続いた。

年代別で見ると、50代、60代ではともに1位が「顔のシミを取る」、2位が「ほうれい線を取る」という順番になった一方、70代のみ「ほうれい線を取る」(54.7%)と回答した人の割合が、「顔のシミを取る」(53.1%)と回答した人をわずかに上回った。70代では、ほうれい線を気にしている人が多いようだ。

次に、美容医療(整形)したい理由について尋ねたところ、「顔のシミを取る」「ほうれい線を取る」「顔のたるみ取り・リフトアップ」すべてで、「老けて見える、おばさんっぽいから」という回答が最も多かった。

このほか、美容医療(整形)肯定派と否定派からは、次のようなコメントが寄せられた。

■肯定派(興味がある、施術や検討の経験がある)

・顎のたるみと首のシワが改善されたら、かなり若見えすると思う(53歳)
・たくさんコンプレックスがあるのでキリがないとは思うが、知り合いが整形して可愛くなっているのを見るとやってみたくなる。でも、更に老化が進んだ時にまたいろいろ気になるだろうから、やっぱりキリがないと思う(56歳)
・1番気になっているのは、頬のシミ。内服薬、クリーム、レーザーなど、実際にはどうすればいいのか、どこで治療するのがいいのか、実際に周りで聞ける人がいない。正確な情報を手に入れたいが、口コミ等で判断するしかないのか、美容整形の敷居が高くて、実行出来ていない。何とかしたい気持ちはずっと続いている状態(62歳)
・10年位前に結構本気でリフトアップを考えて、東大病院はじめいくつかの有料初診を受けたが、一か月位くらいは「腫れたまま」を知り、あきらめた(70歳)
・40代で二の腕の脂肪吸引をしたが、思うように細くはならなかった。運動して細くする方がいいのではないかと思った(72歳)
・顔に大きなホクロがあるのがコンプレックスで、美容皮膚科のレーザーで痛みもなく跡も残らず取ることができた。年齢と共に大きくなり、主人に見苦しいと言われ続けて、隠すようにしていた時期は本当に時間の無駄だったと思う(73歳)

■否定派

・整形したいとは思わない。エステやリンパマッサージなどである程度良くなると思う。年齢より少し若く生き生きとしていれば良い。魅力的なおばさんであれば充分(67歳)
・シワなどはその人の生きてきた年輪だと思います。そのままでいい(70歳)
・美容に興味があるが、整形したいとは思わない。エステは毎月通っている。化粧はほとんどしないが、基礎化粧品にお金をかけている。できるだけ自然のものから作られた商品を使用している(73歳)
・年齢的には自分自身の個性は変えなくてよいと思っています。それぞれ個性を大切にしたほうがよい。今は内面の磨きをしたいと思っている(74歳)

<調査概要>
事前調査と本調査に分けて調査を実施。事前調査では「美容医療(整形)するならどの部分をどうしたいか」を1名あたり3つまで自由記述で聴取し、回答が多かった20の施術内容を選抜した。本調査では20の施術内容についてそれぞれ7段階で評価を得た。
なお、事前調査・本調査とも、施術に伴う費用や痛みなどは考えず直感で回答してもらった。「美容医療(整形)はしたくない」の選択肢は設けず、したくない場合には空欄または何も選択せずに回答を終えるよう依頼した。
調査の方法:WEBアンケート
調査の対象:全国50~86歳の女性
※能登半島地震により災害救助法が適用された新潟県・富山県・石川県・福井県の市町村は除く
調査実施日:事前調査 2024年1月30日(火)~2月1日(木)
本調査 2024年2月13日(火)~2月15日(木)
回答者数:事前調査490名 本調査449名
※本調査は50代、60代、70代以上が均等になるよう再集計した。
本文中の回答者数は再集計後の人数。
調査主体:株式会社ハルメク・エイジマーケティング ハルメク生きかた上手研究所

<集計方法>
各施術内容の評価(7段階)に応じて配点し、ランキングを算出した。
[質問]事前アンケートで多かった美容医療(整形)したい部位を見て、それぞれどの程度「したい」と思いますか。
[配点]とてもそう思う:100点、そう思う:85点、まあそう思う:65点、どちらともいえない:50点、あまりそう思わない:35点、そう思わない:15点、全くそう思わない:0点

出典:ハルメク生きかた上手研究所 調べ

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。