小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

10年国債利回りは今年度末1.2%で着地か、国内長期金利が1%に上昇した背景と今後の展望

2024.05.28

2024年5月22日の東京債券市場では日本国債を売る動きが活発となり、新発10年国債利回り(長期金利)が2013年5月以来、11年ぶりに1%台となる1.005%をつけた。

その背景にはアメリカの長期金利の上昇や、日銀が金融政策の正常化を加速するとの観測がある中、三井住友DSアセットマネジメント チーフマーケットストラテジスト・市川雅浩 氏による関連リポートが到着したので概要をお伝えする。

10年国債利回り1%台到達の背景には国債買い入れ減額や40年国債の入札不調などがある

10年国債利回りが5月22日に続き、翌23日も1%をつけるなど、長期金利には強い上昇圧力が生じているように見受けられる。そこで今回のレポートではその背景と、今後の長期金利の動向を展望してみたい。

日銀は3月にマイナス金利の解除などを決定したが、市場では日銀が金融政策の正常化を早めるという見方が根強く、10年国債利回りは4月以降、上昇傾向にあった(図表1)。

こうしたなか、日銀が5月13日に残存期間(償還までの期間)5年超10年以下の国債買い入れ額を減額したことや、5月22日の40年国債入札が不調に終わったことなどが、10年国債利回りを1%台へ押し上げた要因と思われる。

■1年超3年以下の国債買い入れは札割れ、長期金利動向をにらみつつ、買い入れは減額方向へ

5月13日の国債買い入れ減額は、残存期間(償還までの期間)5年超10年以下の国債について、500億円の減額(4750億円から4250億円)だったが、それ以降、減額は実施されていない。

ただ、5月23日に実施された残存期間1年超3年以下の国債の買い入れで、応札額が通知額に届かない「札割れ」が発生した。これは、同年限の国債に対する投資家の需要が強いことを示唆している。そのため、日銀は今後、残存期間1年超3年以下の国債の買い入れ額を減らすとの観測が市場に広がっている。

なお、各残存期間の国債買い入れ予定額はレンジで示されているため、日銀の金融市場局市場調節課はその範囲内で金額を調整できる。長短金利操作(イールドカーブ・コントロール、YCC)は3月に撤廃済みであり、国債の買い入れ額は、長期金利の動向を見極めつつ、徐々に減額される可能性が高いとみられる。

■日銀の慎重な舵取りで長期金利急騰と景気悪化は回避、10年国債利回りは年度末1.2%に

仮にこの先、長期金利の大幅な上昇が一本調子で続いていけば、家計の住宅ローン金利や企業の借入金利の上昇などにつながり、実体経済にも影響が及ぶことになる。

ただ、長期金利の持続的な大幅上昇は、日銀が連続利上げなどで金融引き締めに大きく舵を切る展開を織り込むような場合などに生じるもので、現時点で日銀がそのような政策をとる公算は小さく、長期金利の大幅な上昇が続いて景気が冷え込む恐れも小さいと考えられる。

三井住友DSアセットマネジメントでは日銀の金融政策について、政策金利である無担保コール翌日物金利の誘導水準は、10月に0.25%へ引き上げられると予想しており、市場では10月の追加利上げが完全に織り込まれている(図表2)。

国債買い入れは6月会合で減額方針が示されることも想定されるが、慎重な減額の舵取りと、おおむね半年ごとの緩やかな利上げペースにより、10年国債利回りは2025年3月末に1.20%で着地するとみている。

関連情報
http://www.smd-am.co.jp

構成/清水眞希

次のNVIDIAは日本から生まれる!?DIME最新号の特集は「新NISAで狙うべき急成長企業」

今月のDIMEは「次のNVIDIAを探せ!」をキーワードに次世代の急成長企業について徹底取材! 各業界を知り尽くした業界紙編集長、専門ジャーナリスト、シンクタンク研究員などへの取材を元に国内外の知られざる優良企業や今後成長が期待できる注目企業をピックアップしました。

目先の株価に振り回されるのではなく、長い目でみた今後の成長分野・企業を読み解き、2030年に向けた投資トレンドを総括した超保存版です!

ぜひ書店で手に取ってご覧ください。

【Amazonで買う】
【楽天ブックスで買う】
【セブンネットショッピングで買う】

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。