小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

女性用の化粧品を男性や子どもが使って共有する「シェア美容」の正しい方法

2024.05.25

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

美容のプロに聞く、家族で共用する」「シェア美容」の正しい使い方

夫や子ども、パートナーと化粧品を共有する「シェア美容」が注目されている。ハーバー研究所が行ったコロナ禍での「家族やパートナー間でのシェアに関する調査」(2021年3月)では、同居男性と「スキンケア商品をシェアしている」もしくは「シェアしたことがある」を合わせると39%がシェア経験あると回答。

20代~70代の女性2239名を対象としたハーバー研究所の調査(2024年2月)では、女性家族(母・娘・姉妹)との化粧品のシェアに抵抗感はあまりなく、男性家族(夫・息子・兄弟)やパートナーとの化粧品シェアにも「抵抗感がある」は32%で、60代以上に比べ、30代~50代がシェアへの抵抗感は薄い結果になった。

化粧品を家族で共有する際、女性向けの化粧品を男性や子どもが使っても、同じような効果が期待できるのか、使うことに問題はないのか等、シェア美容の正しい使い方について、ハーバー研究所 化粧品開発部マネージャー 国府田 淳氏に伺った。

【国府田 淳氏 プロフィール】

株式会社ハーバー研究所 研究開発部 マネージャー。化粧品の研究開発に従事して20年。
皮膚科学的なアプローチから日々、安全で高機能、肌にやさしい商品の開発に取組んでいる。
HABA/ハーバー公式サイト

〇男性の肌と女性の肌に違いは?

年齢や環境により違いはあるが、一般的に男性の肌は女性に比べて皮脂量が2~3倍多く、水分量は女性に比べて3~5割ほど少ないと言われている。

「20代以降は年齢とともに男性も女性も皮脂量が低下していく傾向がありますが、男性は低下が少なく、特に鼻や額の皮脂量がほとんど低下しないといわれ、皮脂量は高齢になるほど男性と女性の差が大きくなります。

さらに男性の場合、シェービングによって肌を保護する役割を持つ角質層表面を傷つけてしまう場合もあり、頬からあごにかけてのUゾーンは、特に乾燥しやすい傾向にあります。男性は皮脂量が多いので、一見うるおっているように見えますが、実は男性の肌は女性の肌に比べて乾燥しやすいのです」(以下「」内、国府田氏)

〇男性や子どもが女性向けスキンケアを使用するのは可能?

「男性と女性の肌では、皮脂量や水分量の違いなどはありますが、肌の基本構造に関しては男性も女性も同じです。男性も女性同様、人によって乾燥しやすい、脂っぽいといった肌状態が異なります。しかしながら肌の基本構造は男女で違いありませんので、自身の肌状態をきちんと理解していれば、男性が女性用のスキンケア商品を使うことに問題ありません。乾燥ケアや日やけ止めなど、それぞれの肌悩みに応じてためしてみてはいかがでしょうか。

例えば、奥様の美容液をご主人が使っても差し支えないと思います。男性は年齢を重ねていくと肌に弾力がなくなって硬くなる傾向が強いという報告があるものの、この違いで美容液の肌への馴染みが大きく異なるといったことはありません。皮脂量が多い男性でも美容液は油分量が少ないものが多いため、油分量が多い化粧品が苦手な方でも抵抗は少ないと思いますし、男性が美白やシワ改善のための美容液を使っても女性同様の効果が期待できます」

子どもの場合については、年齢によって注意が必要だという。一般的に化粧品は大人の肌への使用を前提に開発されているため、皮脂量が少なく、皮膚バリア機能が弱いデリケートな肌の小さな子どもが、大人用の化粧品やメイク品を安易にシェアすることは避けた方がよいとのこと。

昨今、美容ニーズが低年齢化しており、小学生から母親の化粧品をシェアして使っているケースも増加。休日はメイクOKという家庭や、ダンスの発表会でメイクアップする女子も多く、中にはアンチエイジングなどの母親の高機能スキンケアをシェアしている子どもも。

小学館の小学校低学年女児向け雑誌『ぷっちぐみ』、少女まんが誌『ちゃお』の読者を対象にした読者アンケート「JS研究所」の調査では、小学校低学年女子の約6割がメイクアイテムを持っており、学年に関わらず「口紅」、「アイシャドウ」、「チーク」が、欲しい化粧品トップ3にランクインしている。

「10歳くらいから皮膚バリア機能が大人に近づくといわれますが、スキンケア化粧品を共有する場合、目安としては中学生以上のお子さまで、最初に腕など目立たない場所に少量で試して、特に問題なければ使っていただいても大丈夫かと思います。

高機能化粧品も同様に、基本的には大人向けに作られており、安全性の確認など子ども向けのテストを行っていない場合もあります。そのため一概に子どもに使用しても大丈夫とは言い切れません。

大人用の化粧品やメイク品を子どもにシェアされる場合には、子どもに使用することも想定して開発されたものを選択することをおすすめいたします。また、どうしてもご使用されたい場合は、発売元や皮膚科専門医の方にご相談されてからの使用が良いでしょう。

また、化粧品によっては使用時の注意事項が記載されているものがあります。表記スペースの都合もあり、化粧品容器本体ではなく化粧箱や袋に記載されていることが多いのですが、買った本人以外は化粧箱や袋まで確認しない方がほとんどだと思われます。

安心して使用いただくためにも、化粧品の注意事項が記載されたものを共有することも必要でしょう」

〇ボディ用のクリームを顔に使ってもOK?洗顔フォームの直接塗りはNG?

男性でよくあるのが、使い分けるのが面倒だとボディ用のクリームを顔にも使ってしまうケース。

「顔は体よりデリケートで、メーカーによってはボディ向けとして作っている化粧品もありますので、ボディ向けの化粧品を顔に使う際は、事前に注意書きを確認するか、メーカーに問い合わせてからお使いいただくのがよいかと思います。

一方、顔に使えるものは、体に使っても問題ありません。乳液でしたら伸ばしやすいですが、オイルについては全身に行き渡りやすくするために、お風呂上がりに少し水分が残っている状態でお使いいただくとスムーズに全身に行き渡るようになります」

洗顔フォームは、直接肌に塗るのではなく、泡立てネットなどを使って泡立ててから使った方がよいとされるが、泡立てるのが面倒、朝は忙しくて時間がないなど、直接顔に洗顔フォームを塗り付けてこすり洗いする人も多いのではないだろうか。

「男性の場合はシェービングで女性より肌が痛んでいる方もいますので、洗顔フォームを顔に直接塗ってこするのは、摩擦でさらに肌を痛めてしまう可能性もあります。

また、洗顔フォームをチューブから出してそのまま使おうとすると、どうしても量が必要になってしまいます。泡立てネットで使った方が少量でもボリュームが出ますので、コスパという観点でも泡立てネットを使っていただいた方がいいですね」

(※下記画像はハーバーの泡立て専用ネット「泡立て職人Ⅱ(220円)」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。