小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

象印の圧力IH炊飯ジャー「炎舞炊き」に内釜の鉄の純度をアップデートした最上位モデルが登場

2024.05.25

象印マホービンは、圧力IH炊飯ジャー「炎舞炊き」シリーズの新たな最上位機種「NW-FC型(5.5合炊き/1升炊き)」を2024年6月21日に発売する。価格はオープン。公式オンラインストアでの販売価格は5.5合炊きの「NW-FC10」が159,500円、1升炊きの「NW-FC18」が167,200円。カラーは濃墨(こずみ)と絹白(きぬしろ)の2色を用意する。

↑圧力IH炊飯ジャー「炎舞炊き NW-FC型」(濃墨)

↑圧力IH炊飯ジャー「炎舞炊き NW-FC型」(絹白)

さらっと食べやすい「粒立ちがゆ」メニューも新たに搭載!

「炎舞炊き」は、“象印、百年目の最高傑作”として2018年より発売が開始された圧力IH炊飯ジャーシリーズ。かまどの炎のゆらぎに着目し、底IHヒーターを複数に分けそれぞれ独立制御する「ローテーションIH構造」を搭載したシリーズで、既存の圧力IH炊飯ジャーを超える炊き上がりのおいしさなどで大きな話題となり、発売から約6年で累計出荷台数77万台を突破している。

そんな「炎舞炊き」に、さらなるおいしさの向上のために、内釜の素材である「鉄」の純度を見直した、新モデル「NW-FC型」が登場。「炎舞炊き」で採用している「鉄(くろがね仕込み)豪炎かまど釜」は、発熱効率・蓄熱性が高い「鉄」素材を、熱伝導率の高い「アルミ」と耐久性に優れた「ステンレス」に組み込んでいるが、「NW-FC型」では、「炎舞炊き」の大火力を活かしお米に熱を伝えるように、「鉄」を不純物の少ない素材に見直すことで、発熱効率を高めている。

↑「鉄」の純度を見直すことで発熱効率が高まった「鉄(くろがね仕込み)豪炎かまど釜」

また、普段の食事でも楽しめる「粒立ちがゆ」メニューを新たに搭載したのも特徴。療養食としてのイメージが強いおかゆだが、昨今、健康志向が高い人中心に人気が高まっていることから、さらっとしていてお米の粒感を楽しめる「粒立ちがゆ」メニューを通常の「おかゆ」メニューに追加したのだ。

↑「粒立ちがゆ」メニューの調理例(左から「鮭と明太子のおかゆ」「きのことじゃこの卵がゆ」「ベトナム風海鮮がゆ」「チーズオムライス風がゆ」)

さらに、従来モデル同様、縦横無尽にお米を舞い上げる、激しい対流を実現した「3DローテーションIH構造」を採用し、炊飯や保温時の温度を細かく見張る「6つのセンサー」も内蔵。家族好みの食感が見つかる121通りの「わが家炊き」メニューや、簡単に好みの食感に炊き分けることができる15通りの「炊き分けセレクト」メニュー、炊きたてはもちろん、レンジで解凍してもふっくらおいしい「冷凍ごはん」メニューなども搭載する。

「NW-FC10」の主な仕様は、炊飯容量が0.09~1.0L(0.5~5.5合)、炊飯時消費電力が1,240W。外形寸法は約幅26×奥行33×高さ23.5mm、質量は約8.0kg。

「NW-FC18」の主な仕様は、炊飯容量が0.18~1.8L(1合~1升)、炊飯時消費電力が1,370W。外形寸法は約幅29.5×奥行36×高さ26.5mm、質量は約9.5kg。

製品情報
https://www.zojirushi.co.jp/syohin/rice/ricecooker/nw-fc/#container

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。