小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

インテルが2台のPC間における超高速通信を可能にするテクノロジー「Thunderbolt Share」を発表

2024.05.22

インテルは2024年5月16日、最新のソフトウェア・ソリューションにより、接続された2台のPCの使い方を根本的に変えるユーザー体験を実現するThunderbolt Shareを発表した。

画像:https://www.intel.com/content/www/us/en/architecture-and-technology/thunderbolt/overview.html より引用

2台のPCでより多くのことを簡単、高速かつ効率的に活用できるように

hunderbolt Shareは、Thunderbolt 4またはThunderbolt 5ポートを搭載した一部のPCおよびアクセサリーで提供され、応答性の高い画面共有や、より柔軟で生産性の高いワークフローを実現する高速なPC間ファイル転送を可能にする。

今回の発表に際してインテルコーポレーション 副社長 兼 クライアント・コネクティビティ部門ジェネラル・マネージャーのジェイソン・ジラー(Jason Ziller)氏は、次のようにコメントしている。

「Thunderboltを使ったコネクティビティ・ソリューションで業界を牽引し続けられることをうれしく思います。Thunderbolt Shareは、ユーザーがPCを最大限に活用できる新しいソリューションを市場に提供するというインテルの思いを実現するものです。ユーザーは、ThunderboltのスピードでPCからPCへ円滑にアクセスできるようになりました。これにより、ユーザーの生産性と効率性が向上します」

■なぜ重要なのか

Thunderbolt Shareは、独自のThunderbolt ネットワーク機能を搭載しており、2台のPCを簡単かつ効率的に操作できるようにすることで円滑な作業を可能にし、複数のPCを使用するユーザーにとって有益なソリューションを提供する。

クリエイターやゲーマーは、複数のPCにおけるワークフローの改善による生産性の向上や他ユーザーとの簡単なコラボレーションを楽しむことができ、好みの周辺機器を共有することが可能になる。

また、コンシューマーやビジネスパーソンは、PC間でモニターを共有することで、より人間工学的に優れた体験が得られて、複数のPCを使用することでワークスペースを最大限に活用することができる。

そして、Thunderbolt テクノロジーだけが、帯域幅と低レイテンシーを備え、ユーザーが求めるパフォーマンスと品質でこれらの機能を提供できるという。

■Thunderbolt Shareが提供するもの

Windows オペレーティングシステムが動作するThunderbolt 4またはThunderbolt 5を搭載したPCに対応するThunderbolt Shareは、Thunderbolt テクノロジーの高帯域幅と低レイテンシーを活用し、以下の機能を提供する。

・PC間での応答性の優れたマウスとキーボード制御を備えた、非圧縮のスムーズな画面共有が、滑らかなビジュアル体験を実現。
・シンプルなドラッグ&ドロップ、フォルダ同期、古いPCから新しいPCへの簡単なファイル移行で、2台のPC間でファイルを高速転送。
・大容量ファイルを共有するユーザー間の簡単なコラボレーション。
・PC間の直接接続、またはThunderbolt ドックやモニターなど複数のポートを備えたThunderbolt アクセサリーもサポート。
・Wi-Fi、イーサネット、クラウドネットワークのパフォーマンスに影響を与えないプライベートでセキュアな接続

■Thunderbolt について

Thunderbolt テクノロジーは、PCやアクセサリーのための最高の有線接続ソリューションとして世界的に認知されている。Thunderbolt は、インテル Evo エディション準拠ノートブック PCやインテル vProプラットフォーム準拠ノートブックPCを含む何億台ものPCやアクセサリーに搭載されており、PC市場で急速に普及している。

Thunderbolt Shareにより、PCユーザーはThunderbolt認定製品が提供する接続体験をさらに拡大することができる。

Thunderbolt Shareは、2024年に一部のPCとアクセサリーで提供される予定だ。

<Thunderboltの概要(英文)>
https://www.intel.com/content/www/us/en/architecture-and-technology/thunderbolt/overview.html

関連情報
https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/homepage.html

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。