小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

完成度の高いアッパーミドルサルーン、新型「クラウン」セダンの実力

2024.05.19

 新型「クラウン」の第1弾、クロスオーバーが2023年7月に発売され、同年10月にはスポーツのハイブリッドが登場。続いて同年11月に「セダン再発見」というキャッチフレーズで、セダンが発売された。今回のセダンは、かつての「クラウン」シリーズの王道ともいえるパーソナル/ビジネスモデル。しかし、新型の中では4車型の中の1車種として、その存在感はかつての「クラウン」シリーズの中軸だった頃とはちょっと違ったモデルに仕上がっていた。

 最近では、社用車でも「アルファード」のようなミニバンが使われるようになっている時代、セダンのポジショニングは微妙といえる。新型「クラウン」のセダンは、先代と同じくトランク部分が独立しておらず、ルーフがテールエンドまで延びているファストバックスタイルを継承している。このスタイリングは、英国のジャガーが最上級の「XJ」で2010年台に採用している伝統的なもの。英国では首相専用車にも使われた高級車の形だ。

 新型「クラウン」のセダンも、堂々としている。初めて路上で見たセダンは大きかった。全長5030mmで、5mを超えている。国産車で全長が5mを超えるセダンは「センチュリー」とレクサス「LS」だけ。全幅も1890mmで「センチュリー」と「LS」に次ぐ幅の広さだ。ホイールベースも3mある。これは「アルファード/ヴェルファイア」と同じ長さだ。

 パワーユニットは2種類用意されている。直4、2.5Lガソリンエンジン+モーターのハイブリッドと、水素燃料+モーターの燃料電池車(FCEV)だ。車両本体価格(税込み)は、ハイブリッド730万円、FCEVは830万円。いずれも駆動は後輪駆動の2WDだ。

 試乗はハイブリッドから。運転席は、Aピラーの角度が寝かせ気味なので、やや低めにしないと、乗降時にドア開口部上縁に頭をぶつけてしまう。やや低めの着座位置だが、広いボンネットは見える。今回の「クラウン」シリーズは、スポーツもボンネットは見やすい。

 室内は広く、斜め左後方を見ると遠くにCピラーが見える。リアシートは足元は広いが、ヘッドスペースは身長170cmぐらいが限界。床面中央のトンネルも高くて、幅広いので、左右1名ずつが快適定員だろう。セダンがショーファードリブンである証拠として、前席背もたれに大きなハンドグリップがあること。リアシート背もたれは、固定式でトランクと一体にはならない。トランクの中に2枚の板状のアクセサリーが入っていたが、袋から取り出して拡げると、後席用のフットレストだった。使ってみると、リラックスできるアクセサリーだった。

 そのトランクは、ハイブリッド車で、左右幅は1040~1500mm、奥行きは790mmだが、高さは5200mm確保されていた。サブトランクは三角表示板が収納されていた。ドアウインドウは全開にでき、乗り心地はモード切り替えで上下動やゴツゴツ感の違いが設定されている。

 ドライブモードは、カスタム/スポーツ/ノーマル/エコ/リアコンフォードの5ポジション。直進時は重い操舵力、コーナーではロールがコントロールされていた。

 ハイブリッドのパワーユニットは直4、2.5Lのガソリンエンジンと、リアにリチウムイオン電池+モーター1基を搭載している。エンジンは185PS、225Nm。モーターは180PS、300Nm。4速の自動変速を備え、加速と燃費をコントロールしている。

 しかし、スタートこそ軽快で2000回転前後のアクセルレスポンスもよいのだが、エンジン音がやや大きめ。アクセル・オンで、エンジンが頻繁にかかると、結構、耳障りなのだ。高級車として、エンジンコントロールをもう少し調整してほしいところだ。

 燃費は高速やワインディングで、エンジン始動が多かったこともあり、9~12km/L。カタログ値の18.0km/L(WLTCモード)には届かなかった。100km/h巡航時のエンジン回転数は10速1800回転、9速2000、8速2600回転。Dレンジでの0→100km/h加速は7秒台後半なので、加速性能に不満はない。この時、直4エンジンはレッドゾーン入口の6000回転まできれいに吹け上がっていた。スポーティーな味付けのパワーユニットと言ってよいだろう。

 結論として、新型「クラウン」セダンは、まだ改良の余地はあるものの、完成度の高いアッパーミドルサルーンに仕上がっている。細かい調整はマイナーチェンジ後の進化に期待したい。

■関連情報
https://toyota.jp/crown/

文/石川真禧照  撮影/萩原文博

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。