小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

SB C&Sが水道直結の全自動排水とリアルタイムモップ洗浄機能を搭載したロボット掃除機「SwitchBot S10」を発売

2024.05.21

世界の最新IoTプロダクトやスマート家電を取りそろえるSB C&Sは、SWITCHBOTのロボット掃除機「SwitchBot S10」の発売を2024年5月15日より開始した。

「SwitchBot S10」は、〝全自動〟の常識を覆す水道直結の全自動排水と、リアルタイムモップ洗浄機能を搭載した画期的なロボット掃除機。

価格はオープン価格。トレテク!ソフトバンクセレクションでの販売価格は13万3130円。

洗濯機の水道に直結するだけで全自動給水・排水を実現したデュアルステーション設計

「SwitchBot S10」では、従来の「ゴミ収集ステーション」の他に「水交換ステーション」を設けることで、自身でロボット掃除機やドックへ給水を行なったり、汚水を捨てたりする手間を省くことができる。

「水交換ステーション」は、高さ約10cmとコンパクトで、洗濯機や洗面台、シンクの周辺などに場所を選ばずに設置でき、同梱の配管付属品を使用して簡単に上下水道に取り付けが可能。

「水交換ステーション」への給電は、ロボット掃除機本体から行なうため、コンセントが不要だ。さらに、同じくコンセント不要の外付け水タンク(別売 ※)を利用すれば、どこでも好きな場所に置いて使用できる。
※「SwitchBot S10用外付け水タンク」はオープン価格。トレテク!ソフトバンクセレクションでの販売価格は1万1080円(2024年6月上旬発売予定)。

「SwitchBot S10」は、まるで洗濯機のように全自動で給水・排水・洗剤の投入を実行できるロボット掃除機なのだ。

■水拭きと同時にモップ洗浄を行うSwitchBot独自のRinseSyncテクノロジー

従来のロボット掃除機のように、「水拭きをすればするほどモップが汚れていく」という悩みにアプローチ。「SwitchBot S10」は、水拭きしながらモップのセルフクリーニングを行なう機能を搭載した。

そのため、モップがずっと洗い立ての状態で最後までしっかり清掃ができる。また、噴射や加圧、拭く、水切り、回収の5つのステップを繰り返すことで、しつこい汚れも徹底的に掃除していく。

ロボット掃除機が加湿器と連動!SwitchBotのスマートホームエコシステム

SwitchBotのスマートホームエコシステムの一部として、「SwitchBotハブ2」または「SwitchBotハブミニ」をつなぐことでMatter(マター)に対応し、ホームアプリから一括管理が可能。

そして、掃除機でありながら、その機能は掃除だけにとどまらない。水道からくみ取った水を、ロボット掃除機を介して「SwitchBot気化式加湿器Plus」への給水を実現している。

「SwitchBot S10」の主な仕様

・本体
水拭/回転速度:300回転/分、騒音レベル:62dB(A)、モップ加圧:10N、自動リフトアップ:7mm
吸引/最大吸引力:6500Pa、騒音レベル:66dB(A)
バッテリー/容量:4000mAh、最長稼働時間:140分(静音モード)、最大清掃面積:120平方m(静音モード)、充電方法:自動充電および清掃再開機能あり
サイズ/約365×365×115mm

・ゴミ収集ステーション
機能/S10本体の充電、自動ゴミ収集、モップの乾燥
紙パック容量/4L
モップ乾燥時間/3時間以内
紙パック交換センサー/〇
エアダクト詰まり検知/〇
サイズ/260×207×412mm

・水交換ステーション
機能/自動給水、自動排水、洗浄液を自動で追加
汚水処理方法/自動逆洗フィルター
洗浄液の自動追加/給水時に自動で洗浄液を追加・希釈
洗浄液容量/150ml
サイズ/400×165×100mm

■SwitchBot学習リモコンも登場

「SwitchBot学習リモコン」は、家電とSwitchBotデバイスをひとつにまとめる物理リモコンだ。

「アプリ操作ではなく、物理リモコンで操作したいけれどリモコンを減らしたい」という人や、「家の中で不特定多数の方が家電操作をする」という人にお勧めのスマートリモコンになる。
アプリ操作のようにシーンをカスタマイズ設定して、複数のデバイスをワンタッチで操作することが可能。SwitchBotのハブ製品である「SwitchBotハブ2」または「SwitchBotハブミニ」と連携することで、Matterにも対応する。

オープン価格。トレテク!ソフトバンクセレクションでの販売価格は7750円。2024年5月21日発売。

関連情報
https://shop.softbankselection.jp/item/0810150540697.html
https://shop.softbankselection.jp/item/0810150540703.html
https://shop.softbankselection.jp/item/0810150540734.html

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。